1. まとめトップ

北朝鮮 大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に成功?アメリカが軍事制裁をするレッドラインを超えたか?

アメリカが北朝鮮に軍事制裁をするレッドラインである6回目の核実験または大陸間弾道弾ミサイル(ICBM)開発について

更新日: 2017年07月05日

mas1satoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 8674 view
お気に入り追加

・7月4日北朝鮮「ICBM発射に成功」 特別重大報道

北朝鮮の朝鮮中央放送などは4日午後3時(日本時間同3時半)、「特別重大報道」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと伝えた。

出典http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/04/2017070401942.html

北朝鮮はこの日午前に西部の平安北道・バンヒョン付近から東海に向け弾道ミサイルを発射。高度は2300キロ以上と分析しているが、最高高度はさらに高い」と話した。別の消息筋は最高高度が2500キロ以上の可能性もあるとしている。

出典http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/04/2017070401942.html

韓国軍の合同参謀本部はミサイルが約930キロ飛行したと発表した。日本の防衛省によると、約40分間飛行したという。

出典http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/04/2017070401942.html

専門家らはミサイルが通常の角度で発射される場合、飛行距離は7000~8000キロ以上となり、米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)級と推定していた。

出典http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/04/2017070401942.html

・「レッドライン」は大陸間弾道ミサイル開発か?6度目の核実験か?

シリアのアサド政府軍が化学兵器を使用した際、アメリカのバラク・オバマ前政権は当時「レッドラインを超えた」と表明した。

出典https://myjitsu.jp/archives/23702

北朝鮮の場合は、アメリカ本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発か、6度目の核実験が“レッドライン”と見て間違いない。そのため、北朝鮮が頻繁に中・短距離ミサイルを発射しても、アメリカはレッドラインを超えていないと考え、警告に留めているわけだ。

出典https://myjitsu.jp/archives/23702

4月の米中首脳会談を、こう分析した。「米中両首脳はこのとき、北朝鮮について『(中国が圧力をかけて)100日間(で結果を出す)』と期限を切った。トランプ氏と習近平国家主席は、結果が出なければ『米国の(先制攻撃などを)単独行動を容認する』ことでも一致している。デッドラインは7月中旬だ。

出典http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170614/soc1706140009-n2.html

世界最強の米軍による軍事的圧力と、国境封鎖も辞さない中国の強い中止要請を受けて、北朝鮮は実験強行に踏み切れないでいた。もし、「6回目の核実験」に踏み切った場合、米軍が「斬首作戦」を決断する可能性がある。

出典http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170609/soc1706090003-n2.html

・北朝鮮、6月25日前後に6回目の核実験強行の可能性大

北朝鮮が25日の朝鮮人民軍創設記念日(建軍節)に核実験など軍事挑発をしないのは米中が協力、北朝鮮を圧迫したのが功を奏し、虎視耽々と核実験を狙う北朝鮮は来る6月25日前後に実施する可能性が大きいとCNNが25日(現地時間)、報道した。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000045-wow-int&pos=1

核物質の管理や実験結果を評価する科学者が実験場に集まり、実験場に至る検問所への通行が遮断されている模様だ。実験場内の人や車両の動きも活発に続いている。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000006-asahi-int&pos=1

CNNは北朝鮮が核実験をしなかったのは、米中両国の圧迫が効果を発揮したものと分析した。中国は北朝鮮に原油供給中断など経済制裁の可能性を出しながら最大限圧迫し、米国は実際に北朝鮮を打撃するような行動を取ったことが功を奏したと伝えた。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000045-wow-int&pos=1

CNNは朝鮮戦争勃発日である6月25日が選択できる日だと伝えた。延世(ヨンセ)大学国際大学院助教授ジョン氏は「6月25日は北朝鮮にとって重要な日であり、これを前後に核実験をおこなうかもしれない」と見据えた。彼は「6月なら空母カール・ビンソンも朝鮮半島を離れる」と付け加えた。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000045-wow-int&pos=1

・「朝鮮ミッションセンター」で北朝鮮は丸裸

CIAが5月10日に発足した「朝鮮ミッションセンター」だという。関係者は「北朝鮮の『核・ミサイル開発の進捗状況』に加え、正恩氏の言動、居場所などの最新の極秘情報を、2時間おきに集積・確認・分析して、1日2回、ホワイトハウスに上げている。正恩氏は逃げられない。北朝鮮は丸裸だ」という。

出典http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170614/soc1706140009-n1.html

・米空母2隻、日本海離れる

軍事挑発を続ける北朝鮮をけん制するため、米海軍は原子力空母カール・ビンソンと同ロナルド・レーガンをそれぞれ中心とする2個の空母打撃群を日本海に展開させる異例の構えをとっていた。

出典http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM06H55_W7A600C1FF2000/

両打撃群は日本海を離れるが、米原子力空母は1日で約1200キロメートルも移動できるため、空母レーガンは西太平洋海域にいる限り数日以内に半島周辺に戻れる。

出典http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM06H55_W7A600C1FF2000/

今後、ロナルド・レーガンは沖縄近海で自衛隊との訓練などに臨む。朝鮮半島情勢が緊張している裏で尖閣諸島周辺海域で動きを活発にしていた中国ににらみをきかせる目的があるとみられる。

出典http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM06H55_W7A600C1FF2000/

米海軍は、米西海岸に帰投するカール・ビンソンと入れ替わる形で空母ニミッツを既に出航させている。最終目的地は中東周辺海域だが、途中、日本周辺を通過するので、その時点で一時的に再び空母2隻態勢になる。

出典http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM06H55_W7A600C1FF2000/

巡航ミサイルを発射できる米攻撃型原潜シャイアンが6日釜山に入港。引き続き北朝鮮ににらみをきかせているとの米軍の意思表示とみられる。

出典http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM06H55_W7A600C1FF2000/

2017年6月6日:米攻撃型原潜シャイアンが釜山に入港

・繰り返される北朝鮮のミサイル発射

1 2





mas1satoさん