1. まとめトップ

生駒里奈 スクールカースト底辺時代に受けていたいじめを語る【チカラウタ】

乃木坂46 生駒里奈 いじめを受けていた小学生時代の過去を語った。チカラウタの放送内容・画像・ネットの感想まとめ。

更新日: 2017年06月07日

game7lさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 17974 view
お気に入り追加

■2017/05/28放送「チカラウタ」に生駒里奈が出演 過去のイジメについて語った

生駒は、小学生の時の転校がキッカケで「闇が始まったと思うんです」と今の姿からは想像し難い過去を告白。

小学3年で転校してスクールカーストの一番下にいた、小5でシカトされ始めた、学校に一切荷物を置けなかったと語った。

5~6年生の時が「学校生活でも、自分の人生の中での1番キライな時期」だったと明かし、「シカトが始まったり…。標的もローテーションで変わるんですよ。だから『今月は仲良くされているけど、来月はシカトされるんだろうな』みたいな。

ロッカーに入ってるものが朝来たら床に散らばってて、このままいくと私のものが全部壊されちゃうと思って、それ以来学校に荷物を置かなくなったので、毎日終業式の日みたいな荷物で通ってました」といじめにあっていた日々を語りました。

そんな悲惨ないじめの日々だったが、母親を悲しませたくないという思いから学校にはきちんと登校。心の拠り所だった図書館で本を読み「自分の世界に入って自分を守るすべを身に着けた」と当時を振り返った。

高校1年で受けたオーディションで受かり、秋田から上京しホテル暮らしをした。

生駒里奈のチカラウタはゴールデンボンバーの「あしたのショー」。生駒は今はこの歌が代わりに慰めてくれているような気がしたと話した。

▼ネットの感想

スクールカーストって辛いな… 自分も小学校のときはどちらかといえば底辺だったしなぁ #チカラウタ

1 2





game7lさん

ご参考までに。