1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

豪雨の影響で150人以上が死亡…スリランカの被害が本気でヤバイ

スリランカでは先週の記録的な豪雨の影響で洪水や土砂崩れが各地で発生し、これまでに151人が死亡しました。

更新日: 2017年05月30日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 51121 view
お気に入り追加

○スリランカでは先週の豪雨の影響で151人が死亡

スリランカでは先週の記録的な豪雨の影響で洪水や土砂崩れが各地で発生し、これまでに151人が死亡しました。

スリランカ災害管理センターなどによると、避難者は2900人以上にのぼっている。

○各地で、洪水や地滑りなどによる被害が相次いでいる

スリランカでは、数日前からモンスーンによる大雨が続き、各地で、洪水や地滑りなどによる被害が相次いでいる。

スリランカでは数日前から豪雨が続き、各地で洪水や土砂崩れが発生。南部カルタラやラトゥナプラなどを中心に、住宅が押し流されるなどの被害が広がっている。

在スリランカ日本大使館によると、日本人が被害に遭ったという情報はない。

○20万人以上が避難を続けている

住宅の屋根の上などに避難したまま取り残された住民もいる。

濁流に呑み込まれ沈んでしまった家屋。取り残された人たちに向けて、ヘリコプターの隊員らが救援物資を下ろしていきます。

新たな土砂災害が起きるおそれもあり、20万人以上が避難を続けているということです。

○国際的な支援も始まっています

スリランカ政府は、国連や近隣諸国に対して捜索や救助活動の援助を要請しました。

隣国のインドは、スリランカ政府からの要請に基づき、救助部隊を派遣するとともに医療物資の支給を行うなど、国際的な支援も始まっています。

救援物資を積んだインド軍の船1隻が27日、現地に到着した。28日に、もう1隻が派遣される。

○250人が死亡した2003年以来、最悪の被害

スリランカの防災当局は、大雨による土砂災害でおよそ250人が死亡した2003年以来、最悪の被害が出ている

さらに先週を上回る大雨が今後、現地時間の日曜日から月曜日にかけて予想されていて、現在、およそ50万人に対し避難勧告が出ています。

軍は上空から道路が寸断された地域に支援物資を投下する一方、地滑りの被災地に入って捜索を続けている。

○このニュースはネットでも話題になっています

4月に観光して大好きになったスリランカ。心配。細やかでも義援金をお送りしたい。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。