1. まとめトップ

【小林麻央さん】神式通夜葬儀で送り出す・麻央の誕生日勸玄くん「ママにお誕生日おめでとうございます」

麻央さんの愛犬「ユメちゃん」に癒やされている子供達の表情が明るくなったことを報告。

更新日: 2017年07月21日

ichigo_milkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 92954 view
お気に入り追加

「ABKAI」が終了した翌日
6月25日一般の通夜にあたる「みたまうつしの儀」を執り行ったと海老蔵さんのブログで発表。

翌6月26日家族のみの密葬が行われた。

海老蔵さんがベトナムまで行って採掘し、ネックレスにして痲央さんに贈った「ベトナムルビー」と勸玄くん初の隈取りと海老蔵さんの隈取りを棺に納めた。

市川海老蔵が21日ブログを更新。この日は麻央さんの誕生日。この日最初の更新をし麻央さんへの思いが改めて募ったようだ。
「今日の夢は何故かホテルに麻央と泊まっている夢でした。朝からうれしい。少し話せました」
勸玄くんも「ママに、お誕生日おめでとうございますと言ってる」といい「七月公演が決まってすぐに麻央が白狐と聞いてカンカンの稽古のために取り寄せたお面見てる」と愛息の写真をアップ。「麻央は優しさと気配りと愛に満ちた人間でした。そして自分よりも相手のことを思う素敵な人。私の愛する人」とつづった。

21日「誕生日のそら」のタイトルでブログを更新。青空の写真をアップし「一緒に空を見上げていたかった、、」とつづった。
海老蔵は「麻央が空へ向かって明日で1カ月、私の中ではまだそんなに時が流れていない」と、いまだ癒えない悲しみをにじませた。

海老蔵は「毎年お誕生日には」というタイトルのブログで「薔薇の花束をプレゼントしてました。一番最初の誕生日はホテルの部屋を全て薔薇にして2人で祝いました」と麻央さんと過ごした日々を振り返った。
「ママに」というタイトルのブログでは勸玄くんが「お誕生日おめでとうございます」と麻央さんに語りかけたことを報告。海老蔵は真っ赤なバラの花束の写真を掲載「お誕生日おめでとう。心から愛してる」と麻央さんに愛を伝えていた。

13日から飼い始めた麻央さんの愛犬「ユメちゃん」に癒やされていることをつづった

ユメちゃんは麻央さんが実家で飼っていたという愛犬。長女・麗禾ちゃん、長男・勸玄くんがユメちゃんを抱く写真をアップし「麻央の大切な愛犬、大切にしたいとおもう」と誓った。「我が家は麻央の愛犬により少し光が注ぎだされたように感じたりも一瞬します」と喜んでいた。

麻耶さんがお友達より贈られたスイカ。
7月は女性陣の誕生日ですよね!
素敵なスイカですね!

海老蔵、義姉・小林麻耶の誕生日を祝福「麻央の大好きだったマグロづくしなり」

麻耶は「妹の家族のみんなが、誕生日をお祝いしてくれます。本当は妹も一緒にお祝いしたかった…寂しいけれど悲しいけれど 妹と妹の家族みんなにお祝いしてもらうので、今日からの新しい歳を今まで以上に大切にしていきたいと思います!!!」と記した。 海老蔵は、麻耶の投稿を転載し「今日は麻央の大好きだったマグロづくしなり」と誕生日会の様子をつづった。

10日のブログで「今まで夢を見ていました」と切り出した海老蔵。「麻央が生きてたという夢で昔一緒に住んでた家で麻央が生き返って数時間過ごす夢。嬉しくて嬉しくて皆が嬉しくて麻央のとりあい?みたいに私は少し離れて みんなを見ているのですが幸せでした」と最愛の人との“再会”を喜んだ。
元気な麻央さんの姿に「ヤッター」と喜びつつ目覚めた時間は「0721」。この数字は麻央さんの誕生日の7月21日と同じで「出来過ぎな夢から覚めの時間でした」またブログを更新した時間「0725」は長女・麗禾ちゃんの誕生日で偶然が重なったことを明かした。

悲しみ乗り越えて宙乗りに挑んだ勸玄くんの心意気

2日目ちょっとしたハプニングがあった。百狐姿の勸玄くんが花道をトコトコと登場。最初のせりふを言おうとした時女性客から「カンカン!えらい!」と甲高い掛け声が飛んだのだ。「成田屋!」などの掛け声は舞台の雰囲気を盛り上げる効果があるけれど、その時はタイミングが悪く、周囲に緊張が走った。 しかし勸玄くんは声の主の方をがん見して台詞を遅らせて「勸玄百狐 御前に」と続けた。普通の子供なら、そこで固まり台詞が出てこなくても仕方ないが勸玄くんは自分で間合いを取り自然と演じたのだ。これを見ていた香川照之は大感激した。海老蔵のブログによると香川が「あれはすごいよ!感動した!」と褒めると勸玄くんも照れていたという。

海老蔵さんの七夕のブログ『息ができない』より

今日はなぜか
朝から麻央のことを感じる時間がより濃く、

なぜか息ができない、16日たってこうなるのか、、とおもう

歌舞伎座での時間です。

救いをつい求めて倅を見に行ったら寝てました、

七夕の思い出が多すぎて、、

久しぶりに今宵飲みに出ようかな、

麻央と2人で七夕過ごした所へ、

海老蔵 勸玄くんの「顔つきかわった」成長感じる

市川海老蔵が6日朝ブログを更新し歌舞伎座で上演中の「七月大歌舞伎」夜の部「駄右衛門花御所異聞」に出演している長男勸玄くんが「ここ3日で顔つきがかわった、やはり本番のある日常は人を変えるのかな」と目に見えて成長しているとつづった。 海老蔵は飛躍的に成長する息子の姿に「私も見習って磨きたいです」と襟を正す一方、連日、舞台に立つ勸玄くんが興奮のあまり寝付きが悪く寝坊したと報告。「おっき おはよ。カンカンは舞台の後 興奮してるのでなかなかすぐは寝てくれません。よってお寝坊さん愛らしい子供です」と朝の様子を明かした。

(松竹提供・時事通信)

勸玄くん“妙技”を香川照之が絶賛 海老蔵明かす「あれはすごいよ!」

市川海老蔵が5日、自身のブログを更新。長男の勸玄くんが共演する香川照之から芝居を絶賛されたことを明かした。海老蔵は「楽屋」と題したエントリーで前日4日の公演での舞台上の様子を報告。「カンカンの出の後カンカンのセリフの前にお客様がカンカーン!えらい!」と、「そこで倅はその声をガン見してセリフを遅らせて言いました」と続けた。 観客の声援に反応した勸玄くんのとっさの判断。「その話を中車こと香川照之さんが見ていてあれはすごいよ!感動した!と言ってくれて」その様子に香川も驚いていたとを報告。さらに香川の称賛に勸玄くんが照れる様子も記し「たまたま撮れてました」という恥ずかしそうに笑う勸玄くんの写真も掲載。

海老蔵と“麻耶ママ”「いつまでもこのままで」といかぬ事情

家に帰ってきてもママはもういない。ただ父子3人にはいつも笑顔で寄り添う女性がいる。麻央さんの姉・小林麻耶だ。 「麻央さんが亡くなった数日後、某名門私立小学校のオープンスクールに麻耶さんが麗禾ちゃんを連れて参加していました。麗禾ちゃんは年長さんだから来年は小学校受験。麻耶さんはすっかり“お受験ママ”のようでした」  麻央さんの闘病中、麻耶が看病と育児に明け暮れてきたことは本誌でも報じてきた通りだ。そんな麻耶の献身に対し、海老蔵もブログに《いつも麻耶さん 優しいです》と感謝の気持ちを記していた。

小林麻央さん通ったクリニックが「無届け医療」で業務停止命令

他人のさい帯血を投与する医療を無届けで行ったとして全国11のクリニックに業務停止命令が下った。そのうちの1施設が、麻央さんの昨年から何度も通っていたAクリニックだったのだ。11カ所の民間クリニックではがん治療などの目的で妊婦さんのへその緒の中にある血液帯血さいを投与していました。'14年11月に施行された再生医療法では、さい帯血など他人の幹細胞を使った医療を行う場合専門委員会に計画書を提出し審査を受ける必要がありる。しかしAクリニックは届け出を出しておらず厚生労働省から再生医療を一時停止せよという命令をうけた。

小林麻央さん 海老蔵と勸玄くんのため遺していた覚悟の手紙

「麻央さんは病気発覚以降、常に成田屋の行く末を心配していました。自分に万が一のことがあったときを考えて、複数の手紙をしたため遺していたそうです」
小林麻央さんの“覚悟の手紙”があった――。悲しみの死から1週間、手紙の存在が知られるにつれ改めて周囲に驚きと感動の思いが広がっている。「海老蔵さんがかつて指導を受けた中村吉右衛門さんをはじめ歌舞伎の重鎮の方々に宛てたものと聞いています。手紙には『私の亡き後も夫と息子の勸玄のことを末永くよろしく頼みます』という趣旨のことが書かれているようです。麻央さんは“梨園の妻としての役目”を最期まで立派に勤め上げようとしていたんだと思います」

かんかん無事飛びました

(松竹提供・時事通信)

海老蔵、勸玄くんとの親子宙乗りに喝采 「参るぞよ」「はー」のかけ合いも

歌舞伎俳優の市川海老蔵が座頭を務める歌舞伎座公演「七月大歌舞伎」が3日、初日を迎えた。6月22日に妻の小林麻央さんを亡くしてから間もない中、昼の部に続く夜の部では通し狂言「駄右衛門花御所異聞」で史上最年少での宙乗りに挑んだ勸玄くんとの親子共演を披露し、観衆から万雷の拍手を浴びた。

小林麻央さんブログの継続公開が決定 海老蔵「ありがたい 頑張るのみ」

サイバーエージェントは3日、小林麻央さんを「MVB」に認定しブログ「KOKORO.」を継続公開することを発表した。「MVB」の認定は夫である市川海老蔵に続き2人目となる。サイバーエージェントは「生前、小林麻央さんは、ブログで発信するメッセージを通して、日本中の方に大きな力を与えてくださいました。ブログで思いを綴り記録していく意味を私たちに見せてくださった小林麻央さんに深い感謝と哀悼の意を表し謹んでご冥福をお祈り申し上げます」とコメント。

麗禾ちゃん頼もしいですね!

海老蔵が長女の成長を実感「ここ2、3日で大人に」

「今日はカンカンとなりで寝てました。そこへ麗禾がきてカンカンに布団をかけてあげてました面目無い本当はわたしの役目なのに」 麗禾ちゃんが七夕のお願いとして「すてきなおかあさんになれますように」と書いたこと翌日「二週間前はママが元気にはやく元気になりますように、、昨日は素敵なおかあさんになれますように…と変化、麗禾の葛藤。寄り添いたいと思います」とあらためて娘の成長に感動した思いをつづった。 「ここ2.3日で麗禾は物凄く大人になりました、それがよいか悪いかわかりませんが、うちは男二人だから早くご飯ちゅくれるようにならなきゃ!と言っていたそうです。それ聞いて胸が張り裂けそうでした」

麗禾ちゃん、母・麻央さんが「まだ生きてるっていう夢」を見た

長女・麗禾ちゃんが前夜「ママがまだ生きてるっていう夢」を見たことを明かしている。海老蔵は「朝は麗禾との時間に」と題した投稿で前夜は稽古のため帰りが遅く会えなかった麗禾ちゃんと「共に過ごしてます」と報告。 麗禾ちゃんは海老蔵に「きのうの夢はママがまだ生きてるっていう夢だったそうです。でも、やっぱりいないって、、」と麻央さんが生きている夢を見て起きたらやはり麻央さんはもういなかったということを伝えたという。

麻央さんの英訳ブログに英文コメントが多数投稿

小林麻央さんの英訳されたブログに英文でのコメントが数多く届いていることが1日分かった。英訳でのブログに読者からは英文で応じるコメントが数多く投稿され、1日午後1時の時点で2622件のコメントが寄せられている。

小林麻耶「妹が楽しそうに考えていました」 麗禾ちゃんの誕生日会へ張り切る

今月は12日が麻耶で19日が麻耶の母・21日が麻央・25日が麗禾ちゃんの誕生日であることを紹介し「見事に女性陣が7月生まれです。姪っ子の6歳のお誕生日をどのようにお祝いしようか妹が楽しそうに考えていました」とつづった。  続けて「姪っ子がとびっきり笑顔になれるようなお誕生日会を開催できるようオバは張り切ります!」と麗禾ちゃんに喜んでもらえるよう考えをめぐらせていた。

1 2 3 4 5 6





ichigo_milkさん

ご覧いただきありがとうございます。
みなさんに見ていただける記事をたくさん書きたいと思います。

このまとめに参加する