1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

伝統芸能からシン・ゴジラまで!狂言師「野村萬斎」が完璧すぎた件

映画「花戦さ」に主演する野村萬斎。黒澤明監督の「乱」で映画デビュー以来、「陰陽師」「のぼうの城」など、実は大ヒット連発。とはいえ、本業は狂言師、しかも名門家、かつ東京藝術大学卒で英国留学の経験もある知性派。さらに「風立ちぬ」では声優、「シン・ゴジラ」では中の人など、完璧すぎる。

更新日: 2017年07月23日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
49 お気に入り 90627 view
お気に入り追加

◆映画『花戦さ』に主演する野村萬斎

[映画ニュース] 「花戦さ」予告編&ポスター完成!萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、浩市ら名優が百花繚乱 eiga.com/l/MoG7l pic.twitter.com/hkG37j3O2A

華道池坊家の初代・池坊専好を主人公に描いた鬼塚忠氏の小説「花いくさ」が、「花戦さ」のタイトルで映画化。

戦国時代、時の天下人である豊臣秀吉に花僧・池坊専好が刃ではなく花をもって仇討する物語。

◆実は出演映画はヒット連発

『のぼうの城』(2012)

監督:犬童一心、樋口真嗣
脚本:和田竜
原作:和田竜
出演:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、佐藤浩市

スクリーンデビューは黒澤明監督の「乱」(1985年)で、この人のロングショットで終わる重要な役だった。

1985年邦画配給収入3位

野村萬斎、伊藤英明のコンビで映画「陰陽師」が公開され、興収30億円を超える大ヒット。03年に続編「陰陽師2」が公開。

主演は野村萬斎さん。累計興行収入28.4億円を記録するヒット作で、第36回日本アカデミー賞で優秀作品賞をはじめ、10部門の優秀賞を受賞する高評価の作品です。

『のぼうの城』(2012)

◆とはいえ、本業は由緒正しき狂言師

狂言は、室町時代から続く伝統芸能。ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。萬斎さんはその狂言の名門一家に生まれました。

1966年4月5日生まれ、東京都出身。狂言師。人間国宝の祖父・故六世野村万蔵と父・万作に師事し、3歳の時に「靱猿」で初舞台を踏む。

◆しかも、あの東京藝大卒→英国留学という溢れる知性

2002年より世田谷パブリックシアター芸術監督を務める。

◆伝統に安住せず多方面からアプローチを続ける萬斎

『ハムレット〜Hamlet』(2003)

ロンドン公演も行われた

新世代の狂言師として古典の知恵や発想を現代に生かそうとさまざまな試みに挑む野村萬斎。

600年の歴史を誇る狂言。だが、萬斎は伝統にあぐらをかいていたのでは、狂言は先細りしてしまうと危惧している。そのため、「難解」「古くさい」というマイナスイメージを払拭するための試みを続けている。

各分野で非凡さを発揮し、狂言の認知度向上に大きく貢献。現代に生きる狂言師として、あらゆる活動を通し狂言の在り方を問うている。

◆あの『シン・ゴジラ』の正体も萬斎 狂言が作品に活かされていた

祝!!「シン・ゴジラ」公開!! 先ほど初日舞台挨拶で発表がありました、ゴジラ役は野村萬斎さんに演じて頂きました! 人の動きをモーションキャプチャーでフルCGゴジラに反映しているのです! #ゴジラ #シンゴジラ pic.twitter.com/wrH7Af1J0S

映画「シン・ゴジラ」では萬斎さんがゴジラの役に。狂言の動きを取り入れた萬斎さんの歩く姿をモーションキャプチャーでCGのゴジラに反映したのです。

1 2





記憶の中で生きてゆける