1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Sensual-ink.さん

女性の憧れであることはもちろん、皇室やセレブリティ、男性の間でも話題になるのが高級宝飾店(ハイジュエラー)の世界。中でも「グランサンク」っていうくくりを最近よく聞きます。さてこのグランサンクと(まったく別の基準ですが)世界5大ジュエラー、いったいどのブランドを指すのか、インターネットの記事の中でも混同しているものがあちこち見られます。正しく言えると、話の種にちょっと自慢できるかも。

パリ5大宝飾店(グランサンク)とは?

いわゆる「グランサンク」の5大宝飾店のほか、ファッションからハイジュエリーに参入したブランド(シャネルなど)や、世界5大ジュエリー(ブルガリ、カルティエ)も揃っています。この広場だけで世界の宝飾品が揃っているわけです。最近この一角に居を構える「ホテルリッツ」に日本の田崎真珠が入店したことが話題に。

グランサンク(Grand Cinq)とは正式には、パリのヴァンドーム広場を拠点とする店のなかでも、高級宝飾協会が認めた5大ジュエラー(パリ5大宝飾店)のこと

そのメンバーは創業年度の古い順に、メレリオ・ディ・メレー(1613年)、ショーメ(1780年)、モーブッサン(1827年)、ブシュロン(1858年)、ヴァン クリーフ&アーペル(1906年)の5社。

世界5大ジュエラーとパリ5大ジュエラーが混同されてる?

そもそも「グランサンク」とは、フランス語で「5大」。フランスの首都パリの中心にある、かの有名なヴァンドーム広場を囲んで並ぶ高級宝飾店の中で、フランスの宝飾品の歴史と技術を担ってきたとされる「5大」宝飾店が「グランサンク」です。でも、世界的に有名な他の国のジュエラーもあわせて選ばれた5つの宝飾店(世界5大ジュエラー)と、混同されていることが多いようす。「グランサンク」はフランスの5大ジュエラー、世界5大ジュエラーはその他の国も含めた世界的な5大ジュエラー、の差があるわけですね。

世界5大ジュエラーとは、その名の通り、世界中で有名なハイジュエラー5つの総称。
・HARRY WINSTON ハリーウィンストン(アメリカ)
・Cartier カルティエ(フランス)
・TIFFANY & Co. ティファニー(アメリカ)
・BVLGARI ブルガリ(イタリア)
・Van Cleef & Arpels ヴァンクリーフ&アーペル(フランス)

歴史と個性それぞれ、パリ5大宝飾店はこちら

世界5大ジュエラーとは別に、ヴァンドーム広場に居を構え、美の大国フランスが世界に誇る5つのジュエラーを総称する「グランサンク」。それぞれの個性はこんなに違います。

1.創業1613年、世界最古の御用達ジュエラー「メレリオ・ディ・メレー」

1613年に創業された老舗ジュエラー。その卓越した芸術性で、マリー・アントワネットをはじめとする多くの貴族たちに愛されてきました

2.技術力と詩的な世界観で群を抜く「ヴァン クリーフ&アーペル」

世界5大ジュエラーでもあり、グランサンクでもあるのは実はこの「ヴァン クリーフ&アーペル」のみ。創業は1906年と比較的新しいものの、ミステリーセッティングの発明や類まれな技術力、高いデザイン性で独自の地位を築き、現在でも世界的に有名です。

パリを代表する五大宝飾店のひとつとして名を連ねる老舗ハイブランドジュエラー。 花や蝶をモチーフとした独自のデザインはフェミニンで繊細、エレガントさが特徴的で世の女性を魅了して止まない。

3.蜜蜂が目印、ナポレオン一世のジュエラー「ショーメ」

4.斬新なデザインと意外に手頃な価格の魅力「モーブッサン」

1827年にパリで創業を開始したモーブッサンは、ヴァンドーム広場の5大高級宝石店グランサンクのひとつ。

5.男性的でシンプルなデザインが人気「ブシュロン」

ヴァンドーム広場26番地に最初にブティックを構えた老舗ジュエラー。1858年の創業以来、世界中の王侯貴族やセレブリティを魅了し続ける

いかがでしたか?ブランドの歴史を知っていれば、高級宝飾店のニュースが少し身近に感じられるかも。中には手の届くジュエリーも扱っているので、一度はお店を覗いてみたいですね。

1