南極が緑化!?温暖化の影響がここまできた。。

地球温暖化の影響が、すでに無視できないレベルに!?将来の予測に衝撃を受けました。

更新日: 2017年05月31日

45 お気に入り 92565 view
お気に入り追加

いま、世界中で異常事態が

地球温暖化の影響で、現代でこれまでにないほど植物が生育しているとの研究論文

オーストラリアのコアラが、従来よりも水をたくさん飲むようになっている

シドニー大学が発表。本来コアラは「水を飲まない」らしい。

ヨーロッパに生息する3種のカエルは、温暖化により食事法が草食に変化

強烈な暑さによってオーストラリアに住むヒガシアゴヒゲトカゲという「トカゲ」のオスがメスに

そんなことあるの…?

ヒトが住む地域では、

広州、深センなどを含んだ人口4500万人のデルタ地帯「珠江デルタ」に忍び寄る危険。

過去に何度も洪水が起き、現地企業にも多大な被害が発生しているが、温暖化の影響で水面上昇が危険な状態に

広州は、最も深刻な温暖化の影響を受ける大都市とも。

地球温暖化の10パーセントは、中国による二酸化炭素排出が原因と考えられる

2030年までにスカルノハッタ国際空港(バンテン州タンゲラン)、50年までに国内の1500島が海に沈む

このまま温暖化が進むと…

現在のペースで温室効果ガスが増え続ければ、地球の半数を超える地域において、2047年以降は毎年継続的に、1860〜2005年の間で最も暑かった年よりも暑くなる

適応不能なレベルの気象変動が人類社会に及ぶことになり、通常の生活を送れなくなる人が続出するだろうとの見通し

サンゴの99%が消失するとの研究結果が。。

現在のまま気候変動による水温上昇が続けば、全世界にある珊瑚礁の99%が今世紀中に消失する可能性があるという調査結果を発表

研究では、西欧以外の北半球地域で夏季五輪を開催するのに十分な涼しさが期待できる都市は、2085年までに8都市に減少するとの予想が示された

医学誌「ランセット」に掲載された研究より。

中東ではヒトが住めなくなる、という説も。

温室効果ガス排出量削減への対策が取られなければ、2100年までに平均10~20年に1度のペースで、健康な若者が正常な体温を維持することが不可能なほどの猛暑が発生するという

クウェート市やアラブ首長国連邦のアルアイン、カタールのドーハでは、気温が過去最高の60度を超す可能性がある

日本も他人ゴトではなく

気象庁の最新のシミュレーションでは、東京が「屋久島」なみに暑くなる可能性を指摘。

東京都心の年平均気温は19度7分と、今の鹿児島県の屋久島とほぼ同じになる可能性がある

猛暑日になる日数も、沖縄・奄美で年間54日程度増え、東・西日本でも20日以上増える

1 2

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。