1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに入山自粛まで… 今年もクマ被害が懸念されている件

毎年、6月にはタケノコ狩りがブームになっています。しかし、最近はタケノコ狩りの途中でクマに襲われる被害が次々と発生しています。

更新日: 2017年06月03日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 20962 view
お気に入り追加

秋田県が入山自粛を呼びかけ

6月頃になって山に行く人が増えていくため。

秋田県仙北市で、警察などが、山に向かう人たちの車を止めて自粛を呼びかけました

この時期に採れるタケノコ、「ネマガリダケ」が旬を迎え、3日と4日、山に入る人が増えると見られる

仙北市内の国有林では、危険な山への立ち入りを助長しかねないとして、今シーズンは入山料の徴収を取りやめることになりました

入山自粛の背景には先月の事故が関係していた

27日午後、秋田県仙北市の山中でタケノコ採りをしていた61歳の女性が頭から血を流して死亡しているのが見つかりました

仲間と2人でタケノコ採りをしていたが、集合時間になっても戻らないため、仲間が探した

亡くなった女性はネマガリダケを採りに来ていた

亡くなった女性は、5月から7月にかけて旬を迎えるタケノコの一種、ネマガリダケを採りに山に入っていました

灰汁が少ないので、皮を剥いて灰汁抜きせずに味噌汁や煮物にしたり、皮付きのまま焼いたあと皮を剥いて食べたりする

ネマガリダケはツキノワグマも好物で、採りに行くのはクマの生息域に入ることになる

なぜ事故は起きてしまうのか?

様々な原因が考えられるが、1つには「過疎化」の影響が考えられる

過疎化や高齢化で里山から人がいなくなり、クマをはじめ野生動物にとって非常に住みやすい環境になっている

駆除される機会が減ったクマは人間の手が入らなくなった山里を浸食し、生息域を広げているという

このニュースにネット上の反応は

@yopparaicowboy タケノコの味噌煮が食べたい…熊被害がひどいから、今年は食べられないかもなあ…

@YahooNewsTopics またクマか。ホント年寄りって山菜やタケノコのためなら命懸けでも山行くんやな…

秋田でタケノコ狩りの人が熊に襲われるニュース。今、タケノコの季節ということは、こちらの四月の気候が東北まで上がって行ったんだな。

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する