1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新型ミサイル、着弾の誤差わずか7メートル…北朝鮮の脅威が近づいている

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は30日、精密制御誘導システムを導入した新たな弾道ミサイルの発射実験に成功したと伝えた。

更新日: 2017年05月30日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 45849 view
お気に入り追加

○北朝鮮が東部から発射弾道ミサイルが発射

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は29日早朝、弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射した。

米本土に達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)につながる技術試験との見方もあり、合同参謀本部は分析を進め、警戒を強めている。

南東部、江原道・元山の一帯から東側方向に発射したという。

○排他的経済水域(EEZ)に落下した

北朝鮮による弾道ミサイルの発射はこれで3週連続で、去年の同じ時期を上回るペースとなっており、その数はすでに12発に上っています。

日本政府によると、このミサイルが領海基線から200カイリの範囲内の排他的経済水域(EEZ)に落下したとみられる。

ミサイルは先月の軍事パレードで初めて登場したものだとしており、さまざまなミサイルの開発をアピールしてアメリカとの対決姿勢を強調しています。

○北朝鮮は弾道ミサイルの発射実験に成功したと伝えた

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は30日、精密制御誘導システムを導入した新たな弾道ミサイルの発射実験に成功したと伝えた。

誤差わずか7メートルで目標地点に命中したと主張している。金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会った。

○誤差わずか7メートルで目標に命中したと報じた

29日発射したミサイルについてとみられ、誤差わずか7メートルで目標に命中したと精度の向上をアピールしています。

弾頭部に「操縦翼」を装着したことによる飛行安定性、小型エンジンの噴射による速度制御、大気圏再突入時のミサイル誘導の正確性などを検証したという。

従来の液体燃料ミサイルよりも発射前の準備工程が「高度に自動化され、発射時間をはるかに短縮する体系が完成した」とも報じた。

北朝鮮はさまざまなミサイルの開発が進んでいることを印象づけ、みずからの軍事力をアピールすることでアメリカとの対決姿勢を強調しています。

○金正恩氏は満足感を示した

金委員長は従来のミサイルよりも発射前の準備工程が自動化され発射の時間が短くなったと満足感を示した

策定した計画に基づき「多段階かつ連発的に、わが自衛的国防工業の威力を見せつけなければならない」と指示した。

○日本が敵対的なら在日米軍基地以外も攻撃と言及

日本政府がG7サミット=主要7か国首脳会議の場で、北朝鮮に対する圧力強化に言及したなどとして日本を非難する談話を発表しました。

この中で、「日本当局がわれわれの自衛的措置を挑発や脅威だと言いがかりをつけることは実に愚かなことだ」と主張しました。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。