1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

賞金が23億円!?世界中で盛り上がる「eスポーツ」がすごい

全世界で盛り上がりを見せる「eスポーツ」についてまとめます。

更新日: 2017年05月30日

33 お気に入り 38337 view
お気に入り追加

■eスポーツとは

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称

ゲームの大会は賞金がかけられる新たなスポーツとして広がりをみせ、2022年にはアジア競技大会の公式プログラムにも採用されています

高額な賞金のかけられた世界的な規模で行われるプロフェッショナルな大会から、アマチュアまで競技が行われており、ジャンルやゲーム毎にプロチームやプロリーグが多数あります

高額な賞金のかけられた世界的な規模の大会などアマチュアから年収1億円を超えるプロゲーマーも存在し、世界の競技人口は5500万人以上となっている

世界では、1990年代の後半からeスポーツが盛り上がり始め、今では「賞金総額23億円の大会」「観客動員数4万人」といった規模になっている

テレビ中継も行われるなどポピュラーな存在になり、その波は日本にも押し寄せつつあります。

アジア競技大会は、1951年から数年ごと(現在は4年ごと)に開催されている、アジア圏を対象としたアジアオリンピック評議会主催の競技大会だ

「アジア競技大会」の2022年開催において“e-Sports”が正式なメダル種目となる

これに伴い、2018年にインドネシアのジャカルタとパレンバンで開催されるアジア競技大会から、e-Sportsの種目が試験的に導入されることも判明。

■盛り上がりを見せる海外では「対戦ゲーム」が人気

いま世界で最も流行しているeスポーツは、チームを組んで相手の陣地を攻め落とすタイプのゲームです。中にはプレーヤー人口が7500万人にもおよぶゲームもあります

海外ではコンピューターでやる対戦ゲームが非常に盛んです。日本では馴染みがないんですが、例えば今人気があるのは“MOBA”、マルチオンラインバトルアリーナ

ティーンエイジャーたちの憧れの職業としてランクインされるほどで、国内でも世界レベルの選手が輩出されプロ契約する選手も生まれている。

■人気拡大の原因になったのが動画配信サービス

拡大を続けるネットでのライブ動画配信サービス。さまざまなジャンルのコンテンツがあふれるなか、多くの視聴者を集める分野の1つがゲームだ

人気拡大の大きな要因となったのが、インターネットの動画配信サービスだ。プロゲーマーなどがゲームの凄技を披露した動画などを配信し、それを視聴する人口が急増している

プロを目指してトレーニングのために見るというより、一種のエンターテイメントとして動画を楽しむ層が増えている

■日本でも徐々にeスポーツ熱が高まってきている

場所は「e-sports SQUARE AKIHABARA(東京都千代田区外神田3-2-12 Box'R AKIBAビル2F)」、営業時間は17時~22時まで

入場無料。店内では発売前のコンシューマ版「鉄拳7 FR」がプレイできるほか、プロゲーマーやプロゲームチームとの対戦も可能。

@_Ryouga_23 昨日鉄拳バー行ったんだけどガチめにオススメするで(ΦωΦ)フフフ… 初心者さんも上手い人もワイワイ出来て楽しかったしwww

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する