1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

gojalさん

◆ イルカについて

イルカ(海豚、鯆)は、哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種

◆ クジラについて

クジラ(鯨、Whale)は哺乳類のクジラ目、あるいは鯨偶蹄目の鯨凹歯類に属する水生動物の総称であり、その形態からハクジラとヒゲクジラに大別される

◆ シャチについて

シャチ(鯱、学名: Orcinus orca)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の動物

◆ 実はイルカ・クジラ・シャチは仲間だった・・・

イルカもシャチも、クジラの仲間

海に生息する生き物の中には、私たち人間と同じ哺乳類がいます。海にいる哺乳類は海棲哺乳類と呼ばれていて、クジラやイルカ、シャチなどは海棲哺乳類に分類されます。

同じ海棲哺乳類なだけあって、クジラとイルカ、シャチは見た目が似ていますよね。クジラはかなりの大きさなので見間違えることは少ないかもしれませんが、水族館でイルカとシャチを見ても違いが分からないという人もいるでしょう。なぜこの3種の生物が似ているのかというと、実はイルカもシャチもクジラの仲間だからなんです。

クジラは、ヒゲクジラとハクジラに分けられ、イルカとシャチはハクジラの仲間である

クジラは、生物分類上ではクジラ目に分類され、さらにヒゲクジラ亜目とハクジラ亜目に分けられます。ヒゲクジラは名前の通り、立派なくじらひげを持っています。ハクジラは円錐(えんすい)型の大きな歯が生えているのが特徴で、イルカにもシャチにも同じように大きな歯が生えています。そのため、イルカとシャチはハクジラの仲間だと言われています。

◆ 実はクジラとイルカ、シャチの明確な区別はない?

これがイルカでこれがシャチ、というように名前がつけられていると思いますが、クジラとイルカ、シャチの違いについては、研究者によって見解が違うため、どれが正解と断言することはできないと言います。今後、この3種類の海棲哺乳類について研究が進んでいけば、また新しいことが分かってくるかもしれませんね。

このように、生き物の生命現象を研究する学問を生物学といいます。生物学はさらに動物学、植物学、微生物学などに分かれていて、対象の形態や生態、遺伝子などについて研究します。クジラやイルカ、シャチが好きな人は、生物学を学んで、これらを明確に区別できる研究をするのも面白そうですね。

◆ ヒゲクジラ類とハクジラ類

ヒゲクジラはヒゲと呼ばれる歯茎が変化したもがあるもので基本的にサイズが大型のものになります。一般的に多くの方がクジラと認識しているものになります。

ハクジラ類は歯があるものでヒゲがなくて小型のタイプのものになります。一般的に多くの方がイルカ・シャチと認識しているものになります。

◆ サメとクジラ・イルカ・シャチは何が違うの?

サメは魚類でクジラ・イルカ・シャチは哺乳類になります。

子供はメスの乳を飲むのですが、「水に潜って飲み、息をするために水面に顔を出す」といった行動を繰り返すとか。そう言えば、鯨の潮吹きは呼吸の際、鼻に溜まった水を、息とともに吹きだしているといいますし「哺乳類と言えば、陸上に居るもの」と思い込みがちですが、一部の哺乳類は、餌が豊富な海に帰って行ったと言われ、その末裔がこれら鯨類だそうです。

サメは卵から生まれますし、やはり根本的に違いますよね。

【関連リンク】

1