1. まとめトップ

下半身デブ卒業への道のり【更新中】

食事制限、足やせグッズ、足やせノウハウ…何をやってもぶっとい足は変わらない。どうしたら足を細くできるのか?足の細い人と何が違うのか?びび編集長がガチ検証してみた。

更新日: 2017年07月18日

7 お気に入り 1003 view
お気に入り追加

■単に”太い” だけじゃない…足が太いという悩みにまつわるものあげてみた

「足が太い」という悩みには、結構な悩みがおまけについているのだ。

私の場合、着たい服にチャレンジできないということだけじゃなく、

・足全体の皮膚を押したらものすごく痛い
・足がいつも冷たい
・脚力が弱い
・足が重い
・疲れやすい

などなど。

まぁでもやっぱり「太い」という自覚にいつも苦しむことが何より辛い。

■主の華麗なるムリゲー遍歴

物心ついた頃から、ぶっとい足に悩んできた。細かったことなんてはっきり言って一度もない。家族の女性衆はこぞって足が極太である。ここにヒントがあるかもしれない…

そんなわけで、生まれてこの方ショートパンツやミニスカートなんか穿いたことがあるわけなく…でも、せっかく女に生まれたからには一度は穿いてみたい。とにかく細い足になりたい。

そんな主のムリゲー遍歴を紹介しよう。

足の重さ、痛さが改善するかも…と、太ももやふくらはぎを掴んで揉んでは「いてえぇぇ!!」てな具合で、痛みを堪えた割りにほとんど効果がない。

足やせに効くらしいというジェルを買ってみても。リンパマッサージとやらに行ってみても。

確かにプロの手にかかれば一時的にむくみが取れる。

だが、痛いのは治らない。そして細くはならない。なる気配がない。

こう…パキッと筋を出したいのだよ!!

膝の裏の外側の筋とか!!
アキレス腱とか!!

一時期流行ったんだよ。今でもたまに足やせの話題でラップ巻く方法を見かけますけどね。

かゆくなるわ気持ち悪いわで止めましたわ。まぁそもそも根性なしですわ。えぇ。

自宅から職場までの道のり2kmちょいを、ウォーキングやジョギングしてみる。

しかし、ジョギングが…できない。ゆっくり走ってもムリィ!!(やばくないか?)

だったらと自転車漕いでみる。

片道15分漕いでも結局意味ない。
むしろ太ももが肥大化しそうな気がしてくる。

運動して疲れるので運動後のマッサージしなきゃとやってるうち…「そんな(足やせばっかりに割いてる)時間ねぇ!!」。

足のぶっとい私だが、一度だけ激やせしたことがある。

と言っても 5,6kg くらいだけど。重度の精神的ストレスで食事を摂ることができなくなり、1ヶ月ほどで体重が落ち、パンパンだったジーンズがボタンを締めてもストンと落ちるほど変なやせ方をしてしまった。あばらが浮いて、友人から思わず(多分)「気持ち悪いよ!」と言われるほどだった。

だがしかし、その時ですら足が太めだったのは変わらないのだった…なんで??という疑問を抱き続け、今では健康優良体形(やっぱり足太め)である。

”太い足” のことを「大根足」とか言ったりするけど、いっそ大根の方がまだマシである。

勇気を出して、数万円する足やせノウハウ、いわゆる「情報商材」とやらをポチリしてしまった。

内容にウソはない。決してウソはないが、それができないから困ってるんだけどという節度ありすぎる食事制限や無理なポーズを要求してきたりする。

周りの細い人はもっとこう、自由にやってる(ように見える)んだよぉ!

お酒も飲むしタバコも吸うし、甘いものも結構食べてるらしいんだよぉ!!!

…なんか、自分に根本的にダメな部分があるような予感がしたのはここからだ。

足の細い人と決定的な ”何か” が違うのでは…

疲れた心で周囲の足の細い人をふと眺める。

(この人達全員、毎日マッサージや特別な運動や食事制限はしてない…と思う…)

ふと、思ったので彼女達に日々の暮らしぶりを尋ねてみると、やっぱり特別なことはしていないようなのだ。

ひとつ共通点があるなら、性格が割りと快活、言いたいことをあまり溜め込まない、明るい人達が多いかも…という「足やせ」と結びつくかというと「???」と疑問になるような点ばかり。

そんなに彼女達と変わらない生活を過ごしているはずの自分は、なぜ足が太いままなのか。最近になって、その答えがつかめてきたかもしれない。

仮定形なのは、変化が出てきたところでまだ”劇的” な結果を出していないからだ。

■足が太くなる原因

・女性に多い”冷え”(腎臓が弱っている)
・冷えによる血流・代謝低下(老廃物が溜まる)
・血流が落ちる姿勢をしている

要は、運動不足や血流の悪さが起こると足が太くなるのだ。

下半身をほっそり(上半身に対してバランスのよい状態)にするには、いくらマッサージや運動をしても効果が薄い。なぜなら…

■スタイルの良い人に相談してみた

健康優良児体形(下半身太め)のびびだが、仕事で体を動かす機会が増えた時に、筋力が上がった自覚があり「私にも筋肉が付いてきたよ~!」と、とある知人(スタイル抜群)に報告したことがあった。

彼女が放った一言。

「それはよかったね。でも…その”動かす時間”が無くなったら、また戻るよ?」

びび「・・・・・・。(確かに)」


そしてびびは考えた。考えたよ。

特別な運動を一時的にしてもしょうがない。
(一生続けるつもりがないのなら)

何かあるはずだ…何かあるはずだ…

仕事の日、朝の朝礼で、足の細い人の立ってる姿をふと見て思った。

(もしかしたら”姿勢”って、結構大事じゃね??)

足の細い人は、なんと言うかつま先部分が前に出ている。

足の太い人たちは、つま先が引っ込んでいる。

重心が適切じゃないのかもしれない。

家に帰って、びびはあることを試してみたのである。

■足が太くなるのは”重心”のかけ方も原因のひとつだった!!

びびは実は昔、元モデル経験者の「美しい立ち方」指導を受けたことがある。
その指導者は、長身細身でとにかくその佇まいは美しい。

(生まれ持ったものが根本的に違うんだよ…どうせ)と、びびはハイハイと聞き流していた。お馬鹿ですよ!馬鹿すぎる!!!

さて、その指導者の教えてくれた、たった一つのこと。


美しい立ち方=正しい立ち方

なのである。

これを自宅で矯正するための超シンプルすぎる方法だけど、言うよ?言っちゃうよ?

■正しい立ち方を知って、正しい筋肉をつける方法!

ちょうど良い画像がなかったので、重心のかけ方が分かりやすい画像をひとつ。

美しい姿勢は、「真っ直ぐ」であることなのだ。

試しに、部屋の壁にお尻を付けて立ってみて欲しい。

・後頭部
・肩甲骨
・臀部(お尻)
・ふくらはぎ
・かかと

この5点が壁に付くのが正しい姿勢なのである!!

ちなみに、びびはふくらはぎが壁につかない。
これは、筋肉が前に付きすぎてふくらはぎについていない=脚力が弱いと感じることが原因。

ちなみに×2、以前ジムに通った時、言われたことが「太ももの内側」の筋肉が弱いということだった。

つまり、足全体の後ろ側に筋肉がつかない立ち方、前側に重心がかかりすぎる立ち方(つま先が引っ込んだ立ち方)をしているということではないか?

壁にお尻をつけて立ってみたら歴然。
頭が壁に付かなかったのだ。

正しい姿勢で正しい筋肉をつけることが最優先!
部屋の壁でさっそくチェックしてみて♪

■壁立ちを始めて1週間…変化は?

画像の状態はかなりの理想だけれども。(ちょっと筋肉質すぎる)

朝起きてすぐ、壁に背を付けて”正しい姿勢”を記憶する。

重心はかかと中心。つま先は指先が地面を軽く踏ん張る感じ。膝は力を入れすぎず、自然にゆるめる。これは実は足が疲れにくい重心でもあった!

その姿勢で一日中立ち仕事をしてみた。

すると、足の後方の筋肉が刺激された感覚が残った。

足は丁度良い熱感を伴い、アキレス腱からふくらはぎの筋肉が硬くなっていくのが分かる。

同時に、太もも前面に負荷があまり掛からないのが判る。

初日は、ふくらはぎや太ももの裏が軽い筋肉痛になったり疲れた感じがあるかもしれない。

■正しい立ち方をすると感じる変化

真っ直ぐな姿勢を心がけると、腹筋とお尻の穴を締める力が入る。

腹筋は、前に押し出すような力み方でなく、ウエストを締めるような力のかけ方。

そうすると軽くお尻の穴も締まる。

※そうならないよって人は、そうなる姿勢や自然な力加減を試行錯誤して掴んでみて。

あくまで”自然”が大切!
そして、それが一番ラクな姿勢だってことが分かるから。

これまでびびの太ももは

①中心部はガチガチ
②表面は全体プヨプヨ
③太もも裏に至っては筋肉らしき感触は皆無
④お尻から膝裏にかけてセルライト出まくり

という感じ。

④はまだまだだけど、たった数日での変化を挙げると

①お尻~アキレス腱まで筋肉が発達しはじめた感じ
②足がポカポカする、冷えない
③足全体の皮膚の痛みがかなり無くなった
④③の変化より、マッサージが気持ちよくなった!!

アキレス腱周りの贅肉が少しずつ減り始めた感じ。
ただ、足全体のサイズは変化が無いので、筋肉が付いて徐々にムダな肉が落ちていくことを期待。

正しい立ち方に気をつけはじめたら、足の痛みがほとんど無くなっていったのだ!

マッサージが要るのはおそらくここからだ!!と直感的に思う。

正しい立ち方を頑張って1日キープした自分を癒すつもりで、リンパマッサージをしてみよう。好みの香りのマッサージオイルやジェルを使ってもみもみ。

あ~癒される!ってこんな感じ??めっちゃ気持ちいい~♪

■参考にしてるマッサージ動画!みんなでチャレンジ♪

びびがトライしてるマッサージその1
女子の必須アイテム、ニベア青缶でもできるのが高ポイント♪

1 2





びび編集長さん

誰にも教えたくないけどついつい教えたくなるハナシ、自ら実体験に基づくガチ情報、お役立ち情報からどーでもいいハナシまで。びび編集長の気まままとめ。