・球場が広いためインコースでボールが先行しても思い切ってストライクゾーンへ投げられるメリハリのある配球ができる。
内角球の使い方――これが原監督が痛切に感じたパ・リーグとセ・リーグの投手の大きな違いだ。しかし、交流戦でのリーグ別与死球数を見てみると、セの31に対して、パは29とわずかだが少ない。これは一概には言えないが、いかにパ・リーグの投手が普段から効果的にインコースに投げ込めているか、という能力の高さの現れではないだろうか。

出典監督、選手の言葉で徹底検証。セよりパが強い「本当の理由」。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

プロ野球交流戦過去戦績

2017年交流戦がスタートしました。過去の交流戦の戦績等の振り返り。

このまとめを見る