1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「殺されると思った」済州戦後の槙野智章のコメントが波紋を呼んでいる

31日夜に行われたACL=アジアチャンピオンズリーグの浦和レッズと韓国の済州(チェジュ)との試合は浦和レッズが済州に勝利。しかし、延長終了間際には大乱闘が起こり、槙野智章選手は「殺されるかと思った」などとコメントを発表しています。

更新日: 2017年06月11日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 107496 view
お気に入り追加

ACL 浦和ー済州戦が31日夜に行われた

サッカーAFCチャンピオンズリーグ(AFC Champions League 2017)は31日、各地で決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ

済州(韓国)に前後半で2-0で勝利。第1戦との合計で2-2となり延長戦に突入。DF森脇良太が決勝ゴールを決め合計3-2で勝利し準々決勝に駒を進めた

2点差からの逆転は史上初

延長後半に森脇良太選手がゴールを決めて、9大会ぶりに準々決勝に進みました。

しかし、延長終了間際に乱闘騒ぎ...

延長後半ロスタイム2分、前代未聞の事件が起きた。浦和と済州の選手がもみ合うなか、ベンチにいた済州DF白棟圭がピッチを横断し、浦和MF阿部にエルボーをかまして一発退場。

後半36分に、2枚目の警告を受けて先に退場していたDF趙容亨(33)を含めて、済州は3人の退場者を出す異例の試合となった。

「殺されると思った」

槙野は大勢の済州の選手たちに追いかけられ、走ってロッカールームに逃げ込む一幕もあった。

試合後、チェジュのチョ・スンファン監督は「ベンチ前でレッズ側からわれわれを刺激する行為があった」と述べた

槙野は「分からないです。殺されるかと思った。そりゃガッツポーズはするでしょう。みんなでガッツポーズしたから、それが気に障ったんじゃないですか」

このニュースが話題になっている

勝てたことは嬉しいし、良かった。 だけど、レッズの選手たちが襲われたことは悲しい。 120分以上を全力で戦った後にあの仕打ちは酷すぎる。 キャプテンマークを試合中にピッチに捨てるのも酷いし、あのチーム全体的におかしいと思う。

レッズ戦の乱闘騒ぎ酷いな。韓国のチームは来シーズンACL出場禁止くらいの処分なんじゃないの?

そういえば「(暴力働いた選手が)温厚な選手だからそんな選手が暴力をふるったのは槙野が悪い」ってのはすごいロジックだよなーと槙野さんが一流の糞であるのは認めるけど、どんな理由であれ暴力をふるっていい理由はないんだけどね

基本浦和嫌いだけど、昨日の阿部ちゃんと槙野のはさすがにないと思ってる

昨日のACLの騒ぎはたぶん2つあって、  ピッチを横断してきて、阿部にエルボー食らわして退場になった件  試合後の混乱とくに、槙野を追いかけまわした件 ひとまとめにせず、それぞれを調査して処分して欲しい気がする。

おっはよぉございます! 昨日のACLの浦和vs済州の試合終了後の乱闘騒ぎの動画見たけど全く持って酷いの一言。 試合中にベンチの男が乱入してプレー中の選手に暴行とかもうめちゃくちゃw

済州ユナイテッドの蛮行はホント酷いな ACL永久追放でいいレベル

酷いなぁ、試合終了後にレッズの選手に飛びかかってきてる(-_-)早く逃げて~

ほんとに見苦しいよ。 日本人からすれば槙野が挑発行為をやらかしたんか…とか考えなくもないけど今回は違うでしょ。 観客や浦和ベンチにむけてのガッツポーズ。なにがあかんのや

1 2





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する