1. まとめトップ

理由は様々も何らかの満たされない欲求があるから?悪口を言う人の特徴

相手に嫌なところが見えたり、嫌なことを自分にされたりなど相手が許せなくてつい悪口を言ってしまうことはあります。自分にとって相性の良い人もいれば悪い人もいるので、悪口を言いたくなる気持ちもよく分ります。ただ社会人になると悪口を言うことは、マイナスなことでしかないと知っているはずなのに…

更新日: 2017年06月02日

7 お気に入り 4769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■悪口を言う人の心理状態とは

悪口というのは陰で言われるもの。理由はどうあれ、悪口を言うのは、何らかの満たされない欲求があるからこそ。悪口を言う人にもいろいろなタイプがあり、誰かを陥れようと意図的に悪口を言う人もいれば、ある意味趣味のように、気が付いたら人の悪口を言っているという人もいます。

他にも自分の保身のため、自分の立場を良くしたいがために、陰で同僚の悪口をささやく人もいれば、自分の悪口話に同調してくれる、いわば悪口仲間を求めている人もいます。悪口を言う人に対処するには、その人が一体どのタイプなのか見極めることが肝心です。

■悪口を言う人の特徴

自分の人生を生きていない人

人の粗を探して陰口を叩く。これは本当に自分の人生を生きていなくて、他人の人生が気になってしょうが無い人です。自分の人生が満たされていたら、まず他人のことをゆがんで見ません。悪口をいう人は自分の人生を生きていいない人です。

弱く器の小さな人間

陰口を叩く人は恐れを抱いていることがあります。直接は言うことができくて恐れている人。影では王様にでもなったかのように他人批判をはじめます。弱い人間ですね。

知識教養がない

知識教養がある人は話題豊富です。教養がない人に限って話すネタも少なく悪口やうわさ話ばかりします。むしろ、教養がないから、それぐらいしか話題がないのでしょう。

性格がゆがんでいる

悪口を言って人をおとしめようとする人気は性格がゆがんでいます。性格ばかりは、すぐには変えられません。性格がゆだんでいる残念な人だと思うしかありません。

■悪口を言う人のタイプ

①自分が優位に立つために画策するタイプ

職場での人間関係を自分に有利になるように操作することに長けている人がいます。このタイプの人たちは他人の立場を悪くしようと、悪口を積極的に利用します。

②ゴシップ好きで悪口はストレスのはけ口というタイプ

とにかくおしゃべりが好きで、気が付いたら悪口も言っているという無意識タイプ。人の良いところを誉めていてもあまり場は盛り上がりませんが、人の悪口となると途端にその場にいる全員が同調してしまい、妙に盛り上がることはありませんか。

職場で人気のない上司の悪口など、一人が始めると止まらなくなるのは、連帯感を感じるせい。日頃のストレスを悪口で清算しているかのようです。

③他人を批判することが好きなタイプ

他人に非があろうとなかろうと、とにかく他人の批評、批判をするのが大好きという人もいるようです。

このタイプの人は無意識のうちに、自分と他人を比較することで、自分の優秀さ、有能さを周囲にアピールしていると思われます。

④嫌いなタイプの人を徹底的に悪く言うタイプ

個人的に嫌いな人がいて、その人のことをどうしても素直に受け入れられないタイプ。自分の感情を正当化するために、嫌いな人の短所や過ちを周囲の人に知らしめるように悪口を言う傾向にあります。

■悪口ばかり言う人の特徴

誰でも人の悪口を言った経験があると思います。つい悪口を言ってしまったり、どうしても相手が許せなくて悪口を言ってしまうこともあります。自分にとって相性の良い人もいれば悪い人もいるので、悪口を言いたくなる気持ちはよく分ります。ただ社会人になると悪口を言うことは、マイナスなことでしかないと知っているはずなのに、つい人の悪口を言ってしまう人も多いものです

自分に自信がない

悪口を言う人の特徴として、自分に自信がない人は悪口を言いやすくなります。人との付き合いの中で他人が自分に対して、どういった感情を抱いているか分かりませんよね。自分に自信がある人は相手にどう思われようとも関係なく、自分らしく相手と接することができます。相手がどう思っていても関係ありません。一方で自分に自信がない人は、相手からの評価が気になっています。

自分に自信がないと相手から悪く思われているのではないかと思い込み、自分の身を守るために悪口を言って攻撃しようとします。悪口を言うような人にまともに張り合おうとする人は少ないので、悪口によって自分身を守ろうとするのです。

ネガティブ思考

悪口を言う人の多くはネガティブ思考な人が多く、相手が自分のことを悪く思っているから、自分も悪口を言っていると悪びれる様子もありません。ちょっとしたことがきっかけで、相手が自分のことを嫌っていると勘違いします。
たまたま気づかなくて挨拶してくれなかったり、目が合ったのに無視をされたなど、相手が本当に気づいていなくても嫌われていると思い込んでしまいます。

そのため悪口を言われる人は、なぜ自分がターゲットにされるか意味が分からないことが多いです。ネガティブ思考で自分で勝手に嫌われていると思い込んでしまうので、自分も相手に対して攻撃しようとして悪口を言うのです。

寂しがり屋

悪口を言う人は友達が少ない人が多いので、寂しがり屋な特徴を持っていることが多いです。自分の悪口によってまわりの人が離れて行くのに、友達との上手なコミュニケーションの取り方ができない人が、悪口によって仲間意識が持てる人を探すことがあります。

自分の悪口に対して少しでも賛同してくれる相手を見つけると、その人の気を引こうとしてさらに悪口を言うようになります。人の悪口は言ってはいけないことだど分かっていても、ダメだと分かっているからこそ言いたくなる気持ちもあります。悪口に賛同してくれる人との絆を深めるために、さらにエスカレートして悪口を言ったり、時にはいじめと思われるような行動にでることもあります。どんな形であれ誰かと同じ価値観で繋がっていられるという安心感が持てるので、悪口を言って仲間を作ろうとするのです。

人の気持ちを考えられない

文句が多い人の心理として「なんで自分だけ」と常に思っている節があります。これは、他の人が苦労していることを想像できないために怒ってしまうのです。こういった心理の人は人の気持ちを考えられない人が多く、自分が文句や悪口を言うことでどんな悪影響が怒るのかなども考えようとしません。

プライドが高すぎる

人の悪口を言う女子の中には、「プライドが高い」事が多いもの。他者と自分を比較して、「自分より相手の方が上なのでは」というモヤモヤを抱えることは、誰にでもありますよね。多くの人が、なんとか自分の中で折り合いをつけるもの。しかし、プライドが高い人にとっては、これが我慢できません。相手の悪口を言って、自分の優位性を保とうとするのです。

ストレスがあるから

他人の悪口を言う人はストレスがある人ですね。心に不満があってそれを解消するために他人の悪口を言うのです。なんだか、可哀想な人ですね。そして、その人はそのストレスに気づいていないのです。

■自分が優位に立つために画策するタイプ

1 2