1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

全国各地で食中毒が増加傾向…個人でできる自衛策が気になる

6月から8月は1年の中でも最も食中毒が多い時期らしい…全国各地でも食中毒の報告が…そんな中で、気になるのが個人でできる自衛策

更新日: 2017年06月20日

26 お気に入り 49545 view
お気に入り追加

全国各地で食中毒による被害が報告されています。

食事をした客34人が下痢や嘔吐などの症状を訴えました。保健所は、集団食中毒として、2日から3日間の営業停止処分を行いました。

葉県によると先月、結婚披露宴に参加した客34人がノロウイルスに感染

修学旅行で横浜中華街を訪れた中学校の生徒ら62人が集団食中毒

うち24人から腸管病原性大腸菌を検出したと発表した。症状は軽く、全員が既に回復

自然学校に参加した市立旭陽小の5年生26人が、1日に腹痛や嘔吐(おうと)など食中毒とみられる症状を訴えたと発表

1日の昼食は姫路市が委託する業者がセンターで調理した牛肉コロッケ、土佐煮などを食べた。

さらにニラ・スイセンに関する食中毒も発生

誤食したのは同じ家に住む30代の男性と50代の女性の計2人で、いずれも快方に向かっているという。

採取したスイセンをニラと間違えて調理し「ニラせんべい」にして食べた。食後に吐き気などの症状が出て、救急車で市内の病院に運ばれた。

食中毒に関連して話題になるノロウイルス・腸管病原性大腸菌

急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属である。感染者の糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染する

潜伏期は1日から3日です。症状は吐気・嘔吐や下痢、腹痛など発熱は軽度です。多くは1日から2日で改善します。

胃腸炎を起こす大腸菌を“病原大腸菌”あるいは下痢原性大腸菌と呼んでいます。

O111やO157は100人を超える規模の食中毒をたびたび発生させることがあり先進国で問題となっている

この全国各地起きている食中毒にネットも反響

食中毒私がよくいるエリアで食中毒が2箇所でおきていて怖いなぁ〜!横浜中華街は住んでるエリア、ディズニーリゾートのオフィシャルホテルでおきた食中毒もディズニーリゾートエリアにもよく行くし怖いなぁ〜!

アニサキスは寄生虫だけど、梅雨頃から増える食中毒は気をつけたい所。サルモネラとかカンピロバクター、O157は有名だけど個人的に夏場はウェルシュ菌が一番怖い。作って次の日に食べるカレーやらお惣菜はきちんと温め直してから食べようね。奴ら芽胞作るから厄介なんだよね。

そもそもニラが自生してた!つってスイセン食って食中毒になる国民性なのでまぁ特集は必要

皆様、ニラとスイセンを間違えないようにお気をつけて、

気になるのが…個人でできる自衛策もあるみたい

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。