1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

間もなく始まる発表会…予想されるAppleの新製品とは?

10.5インチiPad Pro、Siri搭載スマートスピーカー、新型MacBook、iOS11など興味が尽きないAppleのWWDCが楽しみです。

更新日: 2017年06月03日

24 お気に入り 146543 view
お気に入り追加

・Apple恒例のWWDCが間もなく始まる

6月6日午前2時(日本時間)から開催される、Apple(アップル)の開発者向けイベントWWDC

今年のWWDCは、カリフォルニア州サンノゼにある「マッケナリー・コンベンション・センター」で開催

ここ数年は新ハードウェア発表の場ではなかったWWDCですが、今回はSiri搭載スピーカーや新型iPad発表の予想が出ており、ユーザーの期待も高まっています。

▼予想されるAppleの新製品

■10.5インチiPad Pro

現在は9.7インチモデルと12.9インチモデルがラインナップされているiPad Proですが、昨年8月にはすでにKGI証券のアナリスト ミンチー・クオ氏が「2017年のiPad Proには10.5インチモデルが追加される」ことを予測

しかも?

大手アクセサリーメーカーのAnkerが、米Amazonで10.5インチiPad Pro用スクリーン保護シートの販売を開始

こうした動きからも、来週のWWDCで10.5インチiPad Proが発表される可能性はかなり高いとみてよさそう

■Siri搭載スマートスピーカー

Amazon EchoやGoogle Homeなどの音声制御スピーカは、コネクテッドデバイスの統合を支援するという点で、既に大きな役割を果たしている。

アップルのSiri搭載スマートスピーカーは他社の音声AIスピーカーに比べて高音質というだけでなくバーチャルサラウンド技術を搭載し、当然ながらアップル製品との深い連携機能を備えるとされます。

消息筋がBloombergに明かしたところによると、既に「Siri」を搭載する新型スマートスピーカーは、正式発表に先駆けて海外生産が開始されており、今月初旬に開催されるWWDC 2017にて、正式に発表される見通しとのこと。

■MacBook

MacBook およびMacBook Pro(あともしかしたらMacBook Air)に新モデルの発表があるかもしれないとのうわさが出ています。

MacBookについては、2016年4月に登場した新モデルから1年経過している

Bloombergの情報ソースによると、まずMacBook Proには第7世代(Kaby Lake)Coreプロセッサーを搭載、外部インターフェースに若干の変更が加えられるとのこと。

■iOS11の発表は確実視されている

Appleはこのカンファレンスをデベロッパー・コミュニティー向けにソフトウェアのアップデートを発表する場としている。

iOS11ではSiriが賢く進化すると予測されていますが、画面全体が切り替わらないままSiriの音声コマンドを入力できるほか、自然でフレンドリーな会話が可能に

ダークモード導入により、黒を背景とした表示が可能となっています。「iPhone8」に搭載と噂のある有機EL(OLED)ディスプレイでは、黒を表示している領域の電力消費をゼロにできるので、省電力にも効果が期待できます。

「iOS 11」のリリース時期は例年通りなら今年の9月頃。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew