1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

衝撃的!どうやって食べるの?長くて太い「一本うどん」が凄い!

鬼平犯科帳に何度か登場する「一本うどん」。江戸時代に実在した料理のようで、再現したものを食べることができるお店がいくつかあります。その見た目が衝撃的すぎるのでSNS映えもばっちり!?一本うどんを食べることができるお店をまとめてみました。

更新日: 2017年06月05日

50 お気に入り 40687 view
お気に入り追加

鬼平犯科帳に何度か登場する「一本うどん」

江戸時代の食事がしばしば取り上げられる鬼平犯科帳においても、一本うどんはたびたび登場する。

長さ50cm、幅2.5cm、厚さ1cmといううどんが一本、お椀に入ったダイナミックなメニューで、実際に江戸時代にも存在した料理だそうだ。

江戸深川浄心寺のうどん専門店「やほき」で売り出されたと言われています。

口当たりはきわめてやわらかく、適当な長さに箸で切り、汁につけて食した。 飯のかわりに、また酒のさかなにもよろこばれた。

そんな凄いビジュアルのうどんが食べられるお店をまとめてみました。

鬼平犯科帳の世界で食べる再現メニュー

これは、想像以上にがっちりしていて、しっかり噛みしめるとじわじわと味が広がる感じ。
うどんよりしっかり食感で、お餅ほど伸びる感じもなく、、、すいとんみたいな感じかな?

劇中では、箸で細かくしてから食べると言っていたが、この吊り橋のワイヤーのような太さのうどんを見たら、まずはそのまま、ガブリといってみたくなり、カブっと!アハハハハッ!
まるで、すき焼きに入れたちくわぶのようだよ。
温玉を割って、絡ませると、さらにその傾向が強くなるね。

鬼平犯科帳の舞台となった深川で食べる一本うどん

早速、うどんを切って、つけ汁に漬けて、食ってみる。
うどんと言うより、外郎のよう…。
のし餅のように平らに作って、切って、蒸した感じでしょうか?
不思議な感じな、食べ物。

箸で切れるけど、片手じゃ簡単には切れない。餅みたいな感じかな。悪くない。そんなにいいってわけでもないけどw

ご利益がありそうな一本うどん

北野三大名物のひとつである「一本うどん」のお店。
創業当時からあったメニューが復活しました。
元々は1本でしたが、今は2本になっています。
http://www.geocities.jp/tawaraya_udon/

さっそく、お出汁に生姜を説いて、いただきます!
お箸で持ち上げるのも重量感。
いざぱくり。
むぐむぐ。これは…すいとん、とか、ニョッキに近い。
もはやうどんの域を超えてますな。

60分かけて茹でているということを聞いたことがありますが、とんでもない代物ですね。
おだしは、かつおをベースとして結構控えめ。好みで生姜を加えながらいただきます。
正直言って、美味しいものではありません。伝統やご利益を楽しむものである気がします。
比較的早い段階に売切れるそうで、挑戦してみたい場合は開店直後を狙うのが良さそうです。

味は色々

・・・・・・・・・・・・∑( ̄Д ̄)  太ぇっ!!
見た目のインパクトはなかなかのモノ。さっそく食らいつきます。
もっちりとして小麦味もしっかり。この太さながら熱通しもしっかりしています。 ^^
厚みがある分かためにも感じますが、味がしっかりしているので
“食べごたえがある”という表現がいいかなぁ。

見た目は普通のカレーうどんですが、ちくわぶのような、太い太い小麦粉満載なうどんが3本ほど
1本うどん。とは言ってるけど、3本です(笑)
すするうどんではなく、「噛むうどん」です
何より、このカレーがなかなかのこだわりのある、かなりスパイシーな奥行きのあるカレーで、めっちゃ好み~~

江戸料理を再現

確か、作品中だと釜揚げの太麺の長い一本のうどんを
適当な長さに箸で切って付け汁に浸して食べる
というイメージでしたが…。
こちらのお店は甘口の関西風の上品な出汁にを掛けた
かけうどんの形になっています。

これが長~~くて楽しいスマイル  太さもちょうどいい感じかな。太過ぎると餅みたいな感じでうどんらしさが消えるんだよね。表面が「伊勢うどん」みたいにふにゃっとなっているが、中心部はコシが残って食感も楽しい。

見た目がインパクトあるので写真をSNSにあげるのが人気

一本うどんっていうの、初めて食べました! うん。うどんでした^^! pic.twitter.com/DHqF1UWlab

1 2





luckyhappytamaさん