1. まとめトップ

実は危険!やっちゃいけなかったトイレの‟あの”マナー

先日病院トイレ内の「三角折やめて」の貼り紙がツイッターで話題となりました。ここでは感染症予防の視点からトイレで気を付けたいことをまとめてみました。

更新日: 2017年06月04日

5 お気に入り 21161 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pon-chan28さん

先日こんなツイートが話題に

用を足した後の手を洗う前に、トイレットペーパーを折ると、便中や尿中(感染している場合)の細菌などの微生物が付着し、細菌感染する可能性が高くなることがあります

これ、ちょっと気にはなってた。友達から何かの折に三角折りしてるって話を聞いて、これはトイレの利用者じゃなくて掃除の人がやることなのに…って。 病院って場所柄、特に問題なんだろうね…。抵抗力落ちて感染しやすいだろうし。

うちの会社、トイレ使ったら三角折にして次の人が使いやすいようにするのがルールなんだけど、ライブドアニュースの見るとやめた方がいいんじゃって思う

所説あるが、三角折りは清掃完了の合図

トイレで起こりうる感染「糞口感染」

排泄物を介して起こりうる感染症の感染経路のほとんどは「糞口感染」

排泄物(に含まれるウイルスや細菌)が口から消化管に侵入してはじめて感染が成立します。たとえトイレを使用してお尻にウイルスや菌が付着したとしても、それだけでは感染症は発生しないのです。

口にウイルスや細菌が侵入する最も考えられる原因は、手に付着した排泄物(に含まれるウイルスや細菌)を無意識のうちに口へ運んでしまう場合。トイレ使用の関連で最も原因となりやすい。

なんらかの糞口感染が起こり得るウイルスや菌をもった人がトイレ使用後、トイレットペーパーを「三角折り」してしまうと感染の可能性がある。

また、トイレットペーパー以外にも

トイレのフタが開いていると感染の可能性がある

ほかにもトイレのドアノブや

和式トイレも足元の飛沫感染に注意

そして、トイレ使用後に最も簡単で大切な感染症予防は

【ノロウィルスについて 5】 二次感染の予防の基本は、手洗いです。お食事や調理前、トイレのあと、排泄物の処理のあとは、流水と石鹸でよく洗いましょう。タオルは、個人専用か使い捨てペーパータオルがベストです。

1 2