1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レッドブル・エアレース2年連続優勝!日本人パイロット・室屋義秀が凄すぎる!

千葉市美浜区の幕張海浜公園を舞台に開かれる「レッドブル・エアレース千葉 2017」は、6月4日に決勝が行なわれ、唯一の日本人選手である室屋義秀(むろやよしひで)選手が大会二連覇を飾りました。

更新日: 2017年06月25日

12 お気に入り 19352 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

karumaru0505さん

空のF1「レッドブル・エアレース」

「空のF1」とも呼ばれる飛行機レースの世界大会「レッドブル・エアレース千葉2017」

エアレースの世界選手権は、最高時速370キロに達するレース用の小型機で、障害物の間を通過しながらタイムを競うレース

世界各国から参加した14人のパイロットが対戦形式のトーナメントでタイムを競いました。

日本ではいずれも千葉市で3回目の開催。来場者数は3日の予選と合わせて約9万人だった

室屋義秀が2年連続で優勝!

その勝者7名と敗者の中から最速タイムを記録した1名を加えた対戦「Round of 8」、その勝者4名の中から最後に優勝者を決定する「Final 4」が実施

スピードは他選手の方が上回るかと思われる場面もあったが、室屋選手はノーペナルティの正確なフライトで勝利を掴んだ。

「ファンの声援が力になった」

室屋選手がスタートすると、大勢のファンが「行け、室屋」と叫びながら旗を振って応援し、優勝が決まった瞬間には大歓声が上がった。

「今回の勝利はラッキーな部分がありましたが、チームや家族などに感謝を伝えたいです。大勢のファンが会場に来てくれたのは、プレッシャーでしたが、声援に後押ししてもらいました」

室屋選手は年間総合順位でも一位に!

チャンピオンシップポイントでマルティン・ソンカ選手と同ポイント(30)で並び、室屋選手が勝利数(今季2勝)の差でランキングトップに立ちました。

総合順位で1位に躍り出たことについて、「残り5戦あるので、どうなるかはわかりません。

すべてのレースで勝てるとは思いませんが、コンスタントに、いいレースを続けていきたいです」と今後の意気込みを語りました。

室屋選手の快挙が話題になっている

卓球混合ペアの金メダルも、佐藤琢磨選手のインディ500初優勝も凄いけど、室屋さんも凄いことなのよ〜 twitter.com/nhk_news_ranke…

室屋選手凄い! 母国ニ連覇おめでとうございます!(^^)/

室屋選手二連覇したのか………… ほんとに凄い…………。

エアレース、、室屋選手凄いな! おめでとうございます

今年は室屋選手のサンディエゴ、千葉の二連勝。千葉大会での2回連続優勝。零戦、DC-3、陸上自衛隊、千葉消防のデモ飛行と凄い大会だった。#レッドブルエアレース#airrace

エアーレース終わった。 室屋が勝った!! これでサンディエゴに続く 2連勝。これはかなり凄いこと。 むろん日本2連覇も凄い。 #エアレース

1 2