1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高畑充希が民放ドラマに初主演…ドラマ「過保護のカホコ」に期待の声!

女優の高畑充希が、7月スタートの新水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)にて、民放連続ドラマで初主演を務めることが分かった。

更新日: 2017年06月05日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 29703 view
お気に入り追加

○高畑充希が、連続ドラマ「過保護のカホコ」で民放ドラマに初主演

7月から日本テレビで放送される連続ドラマ「過保護のカホコ」(水曜よる10時枠)で民放ドラマに初主演することが明らかになった。

○自分と正反対の環境で育った青年との出会いで成長していく姿を描く

主人公と同じ一人っ子の高畑は「親の愛は重めで守られてたけど、加穂子とは大違いに育った」。物語は親離れ、子離れがテーマ。

本作は、21歳にして生活のすべてが親任せ、“純粋培養”の女子大生・カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会って成長していくホームドラマ。

両親に超過保護に育てられ、21歳で外泊も自分の服を選ぶことすらしたことがない世間知らずの女子大生・根本加穂子(高畑)が、自分と正反対の環境で育った青年との出会いで成長していく姿を描く。

○遊川和彦氏のオリジナル脚本

同局「家政婦のミタ」など数々の話題作を生みだしてきた遊川和彦氏のオリジナル脚本。

大平太プロデューサーは「遊川さんと『今、日本で一番芝居の上手い若手女優さんとやろう』と決めました」と、高畑の起用理由を明かす。

○カホコの両親役は、時任三郎と黒木瞳

共演には、カホコを溺愛し、娘のすべてを把握していないと気が済まない母・泉役で黒木瞳

○高畑充希のコメントは…

高畑は、「主演をやるんだと思うと、ドキドキがどんどん膨らんでいるところです」と率直な気持ちを吐露

「私にないものを持っているカホコを演じることで、予想外な発見がたくさんあるんじゃないかと今からすごく楽しみです」と作品に期待。

「めっちゃプレッシャーです。朝ドラではみんなを引っ張る役だったけど、加穂子は受け身の主役。ハードルは高いけど、チャレンジしたい」と気合十分。

○このニュースはネットでも話題になっています

クロスアンジュ見たあとだから「高畑充希、民放ドラマ初主演で究極の箱入り娘に!」の記事ツイート見出しに笑ってしまう。 やっぱ身体検査されるんすかね

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。