1. まとめトップ

浅田舞!本格女優デビューも迫力ボディが話題!

男性のみならず女性も虜にする迫力ボディ!女優として大きく化けるかも

更新日: 2017年06月05日

1 お気に入り 17833 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baba8さん

美しい顔立ちとモデル並みのプロポーション、そしてぶっちゃけキャラで人気急上昇中の浅田舞さん。

男性視聴者たちも「妹以上に“天才”です」「ただの旅ロケなら見ないが浅田舞なら見る」と、興奮気味の声が大量にこだました。

真央ちゃんとは違う魅力の舞さん!

ホントに綺麗だ!
スポーツキャスターとしてだけでなく、タレント・リポーターなど幅広く活躍。少し前に発売された写真集も、ナイスプロモーションが話題となりました。

フィギュアスケーターの浅田舞が舞台「煉獄に笑う」で女優に本格挑戦することが明らかになった。さっそく公開されたキャラクタービジュアルでは、大胆な衣装で肉体美をあらわにしている。

着物のデザインを生かしつつ、引き締まったおへそ周りが大胆に露出した衣装は、水着よりも腹筋から胸までが強調されている

浅田舞

生年月日:1988年7月17日 (28歳)
出身地:名東区
身長:163 cm
浅田 舞は、2000年代に活動していた日本のフィギュアスケート選手。現役引退後はスポーツキャスター、タレントとして活動している。マネージメント事務所はIMG TOKYO。女子フィギュアスケート選手の浅田真央は実妹。Wikipedia

唐々煙原作による同名コミックが原作の本作。戦国乱世の渦中にある天正時代を舞台に描く。300年に一度、日ノ本最大の湖・琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物「大蛇(オロチ)」。絶大な力が宿るという言い伝えのある「大蛇」を武将たちが追い求める中、小姓・石田佐吉(鈴木拡樹)は、織田家家臣・羽柴秀吉の命を受けて、「大蛇」につながる髑髏鬼灯(どくろほおずき)の謎に挑む。

「煉獄に笑う」の単行本

原作の雰囲気を残したまま、元アスリートのヘルシーかつわがままボディーで露出度の高い衣装も見事に着こなして見せました。すごい迫力ボディ...!

遊女かつ情報屋の弓月役。セクシーに胸が覗く妖艶なビジュアルも解禁された

浅田は、本舞台が女優初挑戦であり、さらにでセクシーな美バストと肉体美があらわとなった妖艶なビジュアルを披露。

、劇中衣装を着用したビジュアルが公開され、その大胆な衣装が「セクシーすぎる!!」などと話題になっています

「原作がコミックで、その中の役を演じるのも初めてのことなので、良く作品を理解し、自分なりの弓月を作り上げられればと思っています」と意気込みを示した。

ネット上では「原作から飛び出て来たようなビジュアルにびっくりしましたさすが舞ちゃん」「ドキドキ衣装ですね」「美しいお胸に腹筋」「凄い!下乳が半分出てます」「すごい・・・キマり過ぎてて、姿そのものが一つの芸術作品ですね。」などと、浅田さんの原作をそのまま再現したかのような超絶ボディにコメントが殺到する事態となりました。

同作にはほか、鈴木拡樹、崎山つばさ、前島亜美らが出演。東京・サンシャイン劇場にて8月24日~9月3日、大阪・森ノ宮ピロティホールにて9月8日~10日上演予定。(編集部・小山美咲)

TVのトーク番組では自身の恋愛について開けっ広げに語るなど、そのぶっちゃけキャラで人気の舞さんですが、外見だけでなく飾らない性格と妹思いのやさしさが、今の活躍につながっているのかもしれませんね

1