1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

baseraさん

謎の少女ビブリーについて

新しい敵幹部。
17話でジュリオが敗れたため、18話ではジュリオの代わりに出撃する

見た目は可愛いけど、いじわるな性格をしている

ビブリーが追加戦士だったら、それはそれで面白いと思うw

プリキュアシリーズの女性・少女幹部のご多聞に漏れず、我儘かつ意地悪な性格。その上サディスティックな面もあり、独断専行に走った上に失敗したジュリオを容赦なく罵倒し、ボロボロになった彼のロッドを笑いながら蹴り飛ばしたり、気に入らないものは露骨な侮蔑の表情とともに「ダッサ!」と小馬鹿にしたりするなど、性根はかなり捻じ曲がっている。

出典ピクシブ百科事典

赤いシルクハットをかぶった緑色の不気味な人形(ヒプノティ・パペット)のイルを肌身離さず持ち歩いている。イルのシルクハットには、ジュリオのロッドと同じ黒い星のマークが入っている。

出典ピクシブ百科事典

第18話では、キラパティの悪い噂を流した

ビブリーはジュリオと違って嫌らしい手を使ってくる

自分が抱いた感情を人形のイルへと伝え、その思いをイルの口から発する言霊に乗せて放つことで伝播させ、人々の心を操ることが出来る。この力により、特定な対象に対する悪い噂を流して評判を落とすといった情報操作を行えるようだ。

その他にも、空間に穴をあけて自分達のアジトがある異世界までの道を作ることが出来る。

出典ピクシブ百科事典

戦い方

「キラキラルよ闇に染まれ!ノワール・フィリング!」
プリキュアと戦う際は自分が戦うのではなく、巨大化させたイルに戦わせるのが基本パターン。
対象者やスイーツから奪ったキラキラルをイルが吸収し、イルが巨大化する。

出典ピクシブ百科事典

目的

ビブリーの目的は「キラキラルをノワールのもとへ送る」ことなので、巨大化したイルは体内に溜め込んだキラキラルをノワールのもとまで運ぶため、ビブリーが出現させる次元の穴まで進んでいく。プリキュア側はそれを阻止してキラキラルを取り戻すべく、イルと戦わなくてはならない。

出典ピクシブ百科事典

キラキラル奪ったら即逃げ帰るって今までの敵になかった合理的な行動だわ

出典ポンポコにゅーす

千葉千恵巳さんはどれみちゃん「おジャ魔女ドレミ」を演じたことがある

「世界一不幸な美少女」を自称しているドジな少女だが、楽観的な性格。マジョリカが魔女であることを見破り、魔女ガエルとなった彼女を元に戻すため、幼い頃から憧れていた魔女を目指す。

春風どれみは、魔法堂で働いている
いちか達はキラパティで働いている

ビブリーがキラパティ営業妨害してきたのはMAHO堂に客を誘導するためだな。。
客層だいたいかぶりそうだし。

ビブリーが仲間になったら、いちかとドレミが共演したことになるw

最初の幹部

第11話でその妖精たちが浄化されたため、今度は新しい実験を始めることになる。
妖精たちが浄化される際に「食べた人の思いに反応してキラキラルが増える」という現象を目の当たりにしたジュリオは、そのことについて調べるためスイーツを食べた人間の心からキラキラルを直接抜き出すということを繰り返している。

出典ピクシブ百科事典

キラキラルを操ることができる黒いロッドを持っており、プリキュアのキャンディロッドと同様にクリームエネルギーを錬成して戦うことが可能。
このロッドには悪い妖精を操っていたのと似たオーブつきの赤いベルトが巻かれている。
このロッドの最大の特徴は、人間の心からキラキラルを抜き出し、そのキラキラルを闇に染めることができること。

闇のキラキラルをロッドに付与することでロッドは闇の力を持つ武具に変化する。
ジュリオ本人の戦闘能力はかなり高く、初戦闘では接近戦、遠距離戦いずれにおいてもプリキュア5人を圧倒した。

出典ピクシブ百科事典

18話の動き

ジュリオはプリキュアに敗北してしまった

しかも武器まで破壊されてしまう

ビブリーは、おめおめと帰ってきたジュリオを馬鹿にする

正論すぎて何も言い返せないジュリオ

ビブリーちゃん、ゾクゾクする…。

なんで電話ボックスが?って思ったら
あれが異世界への入り口なのね

出典ポンポコにゅーす

自分に合った服を探している
でも見つからない

1 2