1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「銀魂」原作本帯に実写キャラ68パターン登場…漫画業界初の異例企画が話題に

俳優の小栗旬さん主演の映画「銀魂(ぎんたま)」(福田雄一監督、7月14日公開)の同名原作マンガ68巻すべてに、実写版のキャラクタービジュアルが掲載された帯が施されることが6日、明らかになった。同日から開始される。

更新日: 2017年06月08日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 114027 view
お気に入り追加

○7月14日公開の実写映画「銀魂」

空知英秋のマンガを実写化した本作は、パラレルワールドの江戸が舞台のアクションエンタテインメント。

週刊少年ジャンプで連載中の人気マンガ「銀魂」が、小栗旬主演で初の実写映画化、7月14日に公開される。

○銀時と仲間たちの身に起こる様々事件を描く

映画「銀魂」は、宇宙からやってきた天人が住まうパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む坂田銀時と仲間たちのドタバタを描く作品。

宇宙から来た「天人」の台頭と廃刀令により、侍が力を失っている江戸を舞台に、銀時と仲間たちの身に起こる様々事件を描く。

パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗)の間に起こるさまざまな事件を描く。

○「銀魂」既刊68巻に、68種の実写キャラビジュアル帯

空知英秋による人気漫画『銀魂』の単行本既刊68巻の帯に、実写映画版『銀魂』(7月14日公開)の写真が使われることがわかった。

このたび公開を記念して、原作漫画が全重版決定し、原作漫画単行本68巻全てに、実写映画“キャラビジュアル帯”の施策が決定

○場面写真やメーキング写真、オフショットなどが掲載

帯は68種類で、物語の重要な鍵を握る場面写真やメーキング写真、オフショットなどが掲載される。

物語の鍵を握る重要なシーンが切り取られた場面写真、笑いの絶えない撮影現場の雰囲気が垣間見えるメイキング写真、キャストたちの仲良しオフショットなどなど。

帯は全68種類をラインナップ。キャラクタービジュアルをはじめ、場面写真、メイキング写真、オフショットなどが使用される。

○この試みはマンガ業界で初

原作漫画単行本68巻全てに施されることとなった“ランダム帯”は、小栗演じる「万事屋銀ちゃん」のオーナー・坂田銀時をはじめとする豪華キャストたちの写真を使用。

○このニュースはネットでも話題になっています

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。