1. まとめトップ

父の日のプレゼントにも。センスの良い「ネクタイ」ブランド10選

“女性がネクタイを選ぶこと”は男性にとっても嬉しいことです。

更新日: 2017年06月08日

5 お気に入り 19129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LuvShmmyさん

センスが光るブランドのネクタイを選んでみましょう!

はい定番!と思われますが、お父さんがスーツで出勤されているビジネスマンなら、ネクタイはいくつあっても困りはしません。

ネクタイは、カラー・デザイン共に多種多様で、迷ってしまいますよね。お父さんに最適な似合う一本を選んであげましょう!

お財布やネクタイなど、身につけているだけでその人の雰囲気を格上げしてくれるアイテムは、男性にとって嗜好のアイテム。

普段つけているネクタイから、色味や柄の好みを押さえましょう。不安な人は、相手のスーツやシャツの同系色のものを選べば、失敗することはないはずです。

父の日の定番プレゼントである「ネクタイ」。悩んだらお父さんをより素敵に見せてくれるおしゃれブランドのものを選びましょう。

「TURNBULL&ASSER」

「ターンブル&アッサー(Turnbull & Asser)」はイギリス・ロンドンで1885年に創業したビスポークシャツブランド。

その顧客にはウィンストン・チャーチルやロナルド・レーガン、ジョージ・ブッシュなど各国の首脳や、チャップリン、カーク・ダグラス、ロバート・レッドフォード、アル・パチーノ、ショーン・ペンなどの俳優がいる。

一流シャツメーカーの多くはシャツに加えてネクタイに関しても定評が高い。

ターンブル&アッサーも例外ではなく、イギリス王位のチャールズ皇太子が愛用することでも有名だ。

映画、小説ともに「007」シリーズに登場するジェームス・ボンドが愛用していることで、ますます有名になった。

「DRAKE'S」

現在ではネクタイとシャツの英国に残る希少なファクトリーブランドとして、その地位を築いています。

時代を超えて着用できる紳士服を、英国で培われた豊かな仕立ての伝統を受け継ぎながら、最高級の素材と独創的な製法にこだわって生み出してきました。

トラッドなデザインに、多様なカラーや生地使いをプラスすることでオリジナリティの高いネクタイを生む出している。

常にトラッドマインドあふれる英国らしいデザインと天然繊維のみを使用した 確かな品質が、ドレイクスの世界的な人気を支えています。

ネクタイに関しては自社工房の職人によって作られる“メイド・イン・ロンドン”にこだわっている。

「BROOKS BROTHERS」

1818年ニューヨークに創業以来、約2世紀の歴史を誇るアメリカンクラシックのブランド。

今では一般的な数々のスタイルは、ブルックス ブラザーズがこの世に送り出したものが少なくありません。

アメリカ式の左上がりのストライプのデザインを最初に作り出したと言われています。

オーソドックスなデザインで、幅広い年齢層からの支持を集めています。

2世紀近くにわたり、変わらぬ伝統と価値を守り続け、世代を超えて紳士淑女の目標となっているブランドです。

「giraffe」

カジュアルなデザインとインパクトのある色づかいが目を引く、日本生まれのネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」。

世界に1本だけのネクタイを作ることができるオーダーサービスも行っています。お選びいただける生地は常時100種類以上。型もサイズも幅も、あなたの好みに合わせてオーダー可能です。

オーソドックスな柄から遊び心たっぷりのユニークな柄まで、プレゼントを選ぶほうも貰うほうも楽しませてくれるようなものばかりです。

カラフルな色・柄使いで素材もシルエットも様々な、34℃、36℃、38℃、40℃と4段階の体温別に分けられたラインナップ。

MADE IN JAPANにこだわり、デザイン、企画、生産まですべて日本国内でおこなっています。

1 2 3