1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

高橋一生に石田ゆり子…清水富美加まで!?「月9」秋ドラマが気になる

フジテレビ「月9」秋ドラマに篠原涼子主演に決定(タイトル未定)。共演(-_-)にはブレイク中の高橋一生&石田ゆり子が確定。事前に複数メディアが報じ、それに引っ張られる形で公式発表。非公式の報道では、古田新太・田中圭・千葉雄大・前田敦子、清水富美加の名前も挙がっている。

更新日: 2017年06月22日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 129116 view
お気に入り追加

◆低迷するフジテレビ「月9」ドラマ

フジテレビの“月9”が看板枠だったのは、いつのことだったか。視聴率低迷からの脱却もかなわず、5月9日にはフジテレビの亀山千広社長の退任が決まった。

昨年(2016年)視聴率民放4位になったフジテレビの起死回生の一手として期待された「月9」枠のドラマ「貴族探偵」だが、平均視聴率はふるわず、今期ドラマの9位と低迷している。

連続ドラマはその局の「顔」、象徴であり、連続ドラマが好調な局は全体もいい。「月9」の低迷とフジテレビ全体の業績悪化とは、ニワトリと卵のような関係で、どちらが先かは分からないが、連動しているのは間違いない。

◆打ち切りの噂も根強いが…

月9を牽引してきた亀山社長も退任するとあって”月9危機説”が囁かれて久しい。

亀山千広社長は「月9」打ち切り説を否定しているが、否定しているということは、そういう話が出ていることを逆に物語っている。

「低迷が続くフジテレビの月9枠は、局内から“もうこの枠はなくしたほうがいい”という意見も出ていました。“今年の10月で最後になるのでは”という噂も流れているほど。」

◆そんな中、篠原涼子主演の「月9」秋ドラマが正式発表

情報が事前に洩れ、複数メディアが報道したため急きょ公式発表

女優、篠原涼子(43)が10月スタートのフジテレビ系ドラマ(タイトル未定、月曜後9・0)で月9に初主演することが7日、分かった。

市政や社会の悪と対決する新米ママさん市議の奮闘を描く政治ドラマで、政治家役に初挑戦。

夫と保育園に通う子供との3人暮らしの中卒新米ママ・佐藤智子(篠原)が、高額収入を求めて市議に立候補。無所属新人の智子候補は「しあわせになろうね!」をキャッチコピーに市民の不満に寄り添い、社会問題に立ち向かう。

◆元々はキムタクが主演の予定だったという

『ラスト♡シンデレラ』(2013)

脚本:中谷まゆみ
出演:篠原涼子、三浦春馬、藤木直人、菜々緒

平均視聴率 15.2%(木曜夜10時枠)

そもそも、10月期の月9ドラマは、当初、木村拓哉をキャスティングしようとしていたはずなのだが……。

「木村の主演は、亀山社長時代に決まったものですが社長交代によって白紙に戻ったようです。そこに浮上したのが篠原涼子。」

「篠原が出演したフジのドラマといえば『アンフェア』『ラストシンデレラ』『大人女子』など、いずれも高視聴率でした。何をやっても裏目に出るフジにとっては、ここで篠原を投入して盛り返したいと意気込んでいます」(テレビ局スタッフ)

◆共演には大ブレイク中の高橋一生&石田ゆり子が確定

石田演じる平田和美は、一流大学を卒業し新聞社の花形・政治部記者になり、まさしく「できる女」だった。しかし40歳を迎えたあるとき一人娘を出産してから環境が変わってしまう。

高橋演じる藤堂誠(とうどう・まこと)は、篠原演じる智子とは選挙戦で議席を争うライバル関係。誠は代々続く政治家一家の次男として「恵まれた」環境で育った。ゆくゆくは総理大臣も夢ではない。

◆公式発表前には豪華キャストの名前も挙がっていた

古田新太(51才)や田中圭(32才)、千葉雄大(28才)、前田敦子(25才)と豪華な顔ぶれが脇を固めるといい、関係者は「シーズン中の注目度ナンバーワンは間違いない」と意気込む。

1 2





記憶の中で生きてゆける