1. まとめトップ

Twitter発。「大人」をプラスへと導く"指南的"呟き

様々なステージで奮闘する「大人」を、さり気なくプラスへと導く"有益な呟き"を集めました。。

更新日: 2017年06月14日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
377 お気に入り 93785 view
お気に入り追加

◆『何気ない褒め言葉』

顔をけなされて傷ついた時は元彼の「俺はお前のこと美人だと思うよ」を心の支えにしたし、本がうまく書けない時は、塾の先生の「作文だけは上手い」を支えにした。何気ない褒め言葉は自分の知らないところでその人の一生モノになってるから、人の褒めるところを見つけたらちゃんと口に出すようにしたい

◆『ネガティブな言葉』

「あー、だりぃ」が口癖だったんだけど、ネガティな言葉を使うのはやめようと思い、半分ギャグで「あー、全身に無駄な力が入っておらず極めて自然体で理想的な状態だ」って言うようにしてたら、不思議と気分が良くなってきたから、わりとジョーダンじゃなかった。

◆『ポジティブな態度』

オカマバーの ママが言った ポジティブとか ネガティブって 性格だと思ってない? やあねえ 違うわよ ポジティブは技術 テクニックなのよ ポジティブなときは 無意識に ポジティブになる テクニックを 使ってるの 練習すれば 意識して 出せるようになるわ 覚えておきなさい

◆『悪口』に関すること

言葉に価値はなくて 受け取った後に何を思って どのように行動するか大切でして 誰かに悪口を言われたとしても 相手の価値観で受け取る必要はなくて 言葉に価値や意味を持たせるのは いつも自分自身の経験と知識でして 悪口なんて浮ついた言葉は風船のように蹴り飛ばしてしまいなさい

私がなるべく他人の悪口を言わないようにしてるのは、己のコンプレックスが丸わかりになってしまう、っていうのもあるんですが、罵倒文句を捻り出すにあたって、不快な人間についてあれこれ考えること自体がストレスになるっていうのが最大の理由です。

◆『自戒したいこと』

他人の怠慢や不勉強や倫理感のなさを探したり糾弾することの最大の効能は、(「それで社会がよくなる」とかではなくて)それを熱心に探したり糾弾しているあいだは自分の怠慢や不勉強具合や倫理感のなさについて頭を抱えずにいられることなんですよね。そしてこの時間は蜂蜜のように甘い。自戒したい。

◆『人間関係に迷ったら』

相手の気持ちなんて死ぬまで分からないので、人間関係に迷ったら褒めるか面白い話をするか美味しいものを一緒に食べる、この三パターンの選択だけに絞ったら割と楽になったんだけど精神的にヤバい時はこの内のいずれかを自分に対して行うと良いし、平日もサボっていきたい

◆『やや陽気な大人の社会人同士』

わりとガチめに「自分とは仲良くなる必要も心を開く必要もないし、会社に居るあいだだけでいいから【やや陽気な大人の社会人同士】という付き合い方をしてください」と同僚にも後輩にも部下にも言い続けた結果、かなり快適にすごせるようになったので、この態度と言い回しはそこそこお薦めしたい。

◆『何かを手に入れるためには』

最近気づいた。「何かを手に入れるためには、苦しまなきゃいけない」と思い込んでいる人が本当に多い。そんなもん、絶対違う。断じて否定してやる。次の世代の人のためにも、自分は楽しむ必要がある。そうじゃなきゃ、きっと次の人にも苦しみを強要してしまうに違いない。

◆『思い通りに前に進めないとき』

思い通りに前に進めないことを不運と思わないで、充電期間だとおもって多くを学んだ人が幸運を掴む。ただ我慢していては何も変わらない。思い通りにならないなら学ぶ時、力を蓄える時なだけ。

◆「わたし最近どんどん嫌な奴になっているな」と思ったら…

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。