1. まとめトップ

夫で警察官の男に逮捕状請求‥福岡母子3人殺人事件に衝撃が走った

6日、福岡県小郡市小板井の住宅で殺害された母子3人の遺体が見つかった。警察は当初、母親が無理心中を図ったとみていましたが、現場の状況から殺人事件として調査しています。そして福岡警察は夫で県警通信指令課の巡査部長・中田充容疑者の逮捕状を請求しました。

更新日: 2017年06月25日

0 お気に入り 37067 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

karumaru0505さん

福岡県小郡市で母子3人が死亡していた事件

6日、福岡県小郡市の住宅で、38歳の母親と小学生の長男と長女の親子3人が死亡しているのが見つかった

県警によると、遺体で見つかったのはこの家に住む中田由紀子さん(38)と、長男で小学4年の涼介君(9)、長女で小学1年の実優さん(6)。

発表によると、母親は1階の台所に、涼介君と実優さんは2階の布団の上で、いずれもあおむけに倒れていた。

近くに住む被害者の姉が110番通報

午前8時40分ごろ、学校から「子どもたちが来ていない」と連絡があったということです。

父親は自宅の近くに住む由紀子さんの姉に電話し、午前9時10分ごろ、姉が台所で倒れている由紀子さんを見つけ、警察に通報したということです。

警察は当初、無理心中として捜査していた

捜査1課や小郡署は当初、取材に対し「母親が子ども2人を殺害後に自殺した、無理心中の可能性がある」と説明。

当初、由紀子さんに目立った外傷がなく、涼介君と実優さんの首にひもで絞められたような痕があったことなどから、由紀子さんが無理心中を図ったとしていた。

だがその後、由紀子さんの司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死と判明し、3人とも殺害されたと判断した。

子供2人は父親の出勤前には死亡していた

子ども2人は、父親が仕事で家を出た時刻よりも前に死亡していたとみられることがわかりました。

死亡した時間は、由紀子さんが午前0時から午前9時の間、子ども2人は午前0時から午前5時の間とみられています。

父親は6日早朝に出勤したといい、警察に対し「(出勤時は)3人とも寝ていた」と話している。

無理心中を偽装か

1階台所であおむけに倒れていた由紀子さんの近くに、燃えた練炭があったことも捜査関係者への取材で判明

県警は自宅の現場検証などを踏まえ、台所は一定の広さがあり、少なくとも目張りをしないと一酸化炭素(CO)中毒死にはならないとしている。

また、犯人には強い殺意があった

室内に荒らされた痕跡はなく、由紀子さんの姉が住宅を訪れたときには玄関の鍵は施錠されていなかった。

司法解剖の結果、由紀子さんの首の骨にひびが見つかったほか、頭部に複数のやけど痕があったことも判明

1 2