1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

abstracterさん

青山アナ、7月末で電撃退社へ テレ朝が米留学認める

何があった? 元「怒り新党」青山愛アナが7月末にテレ朝を退社、海外留学へ  : jprime.jp/articles/-/9861 #JPRIME pic.twitter.com/Ja3sawFg0u

テレビ朝日の青山愛アナウンサー(28)が7月末で同局を退社することが7日、分かった。

 テレビ朝日広報部はサンケイスポーツの取材に、退社と米留学を認めた。

青山愛とは

「彼女は、’11年4月にテレビ朝日に入社しました。アメリカで13年間を過ごした帰国子女で、京都大学経済学部を卒業しています。

学生時代にモンゴルでテント生活しながらNGO活動に携わり、20カ国以上旅した。

▼青山アナが7月末で電撃退社

青山アナが7月末で電撃退社へ テレ朝が米留学認める

「青山愛(めぐみ)アナウンサーが、7月末でテレビ朝日を退社するようです。6月25日に放送される『いま世界は』への出演が最後になるみたいですね。8月からは渡米し、ワシントンにある大学院に進学するとか」(テレビ局関係者)

ニュース番組だけでなく、バラエティーでも才能を見せており、

「フリーアナウンサーの夏目三久さんの後任で昨年4月から1年間『マツコ&有吉の怒り新党』に出演しました。有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんという毒舌タレント2人からの鋭いツッコミにもひるまない発言で、話題になりましたよ」(スポーツ紙記者)

しかし、内心では現在の仕事に不満も抱えていたようで、

「彼女は学生時代から海外のNGOで活動するなど国際情勢に興味があったので、入社当時から報道のような国際的なキャリアを積める部署を強く志望していたんです。でも、自分が担当する仕事はスポーツやバラエティーと、報道の最前線の仕事とはほど遠いものでした」(制作会社関係者)

テレビ朝日に入社して6年がたち、自らの生き方を考えることもあったのか、

「『いま世界は』で、ニュース番組のキャスターを担当しましたが、自分が現場に出ていきたいという思いに加え、30歳を目前にして今一度将来を見直してみたのでしょう。本当に仲のよかった人にしか相談していなかったそうですよ。かなり悩んだ上での決断だったのではないでしょうか」(同・制作会社関係者)

青山の退社の件に関して、テレビ朝日に問い合わせたところ、

「青山愛アナウンサーが、今年7月末で退社することは事実です。また、退社した後はアメリカに留学すると聞いております。それ以上の詳細につきましては、プライバシーに関することになりますので、お答えは控えさせていただきます」(広報部)

▼ 怒り新党での心境の変化

怒り新党セクハラ質問

4月13日に放送されたバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)の視聴率が9.8%だったことがわかった。同番組はこの日から、3月で卒業した夏目三久に代わり、青山愛アナが進行を務めている。

青山アナは海外在住13年の帰国子女で、京大卒という高学歴女子アナということもあり、今回MCの2人からは「高卒と口きいたことある?」「どういう人がタイプなの?」と様々な質問が飛び交った。

しかしそんな質問の中で、彼女がなにげなく答えた内容が一部視聴者に衝撃を与えたという。

「マツコから好きな男性のタイプについて聞かれた時のことです。青山アナは帰国子女ということもあり、外国人がタイプと答え、さらに付き合った男性の外国人と日本人の比率を『2:1で外国人が多い』と明かしました。しかしこの正直な答えが、一部の男性視聴者に衝撃を与えたようで『知りたくなかった!』『最低でも3人以上と付き合ってるってことかよ』『男性経験があるなんてショックだ』と悲しみの声が相次ぎました」(前出・テレビ誌記者)

怒り新党セクハラ衣装

怒り新党ぶっちゃけキャラ覚醒

さらに白米好きで知られているマツコ・デラックスに対し、自分も白米は好きだが「飽きません?」と素直に返してマツコから怒られたこともあった。

「今回は飲み会後の締めに『富士そば』『日高屋』『餃子の王将』のどこに行くか悩むと言う有吉

弘行に、そういった飲食店に10年以上行っていないとマツコが嘆き、有吉を羨んでいました。その流れで『立ち食いそばなんて食ったことないだろ?』と質問された青山は『ないです』ときっぱり。さらに『そういう店に行くタイミングがわからない』と被せたことで、青山は2人から『お嬢さまはどうせ知らない店でしょうね』などと罵声を浴びせられました。青山は帰国子女のいわゆるお嬢さまですが、庶民生活を知らなさすぎる節が多々あります。

そこが魅力的という支持がありましたが、ネット上では『鼻につく』という声もあがり始めています」(テレビ誌ライター)

1 2