1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

動物愛護法違反で逮捕者も…「多頭飼育崩壊」のトラブルが相次いでいる

去年、相模原市のマンションで飼っていた猫を虐待したうえ、市内の公園に猫11匹の死骸を埋めたとして25歳の女が逮捕されました。警察の調べに対し、容疑の一部を否認しているということです。

更新日: 2017年08月01日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 85522 view
お気に入り追加

○空前のペットブームの昨今

写真集が人気になるなど猫ブームの中、避妊や去勢手術をせずに飼い猫が繁殖し続け、世話ができる以上に増えてしまう「多頭飼育崩壊」

○「多頭飼育崩壊」と呼ばれるトラブルが相次いでいる

空前のペットブームといわれる現在、その陰で、過剰に繁殖したペットによって生活が破たんする“多頭飼育崩壊”が相次いでいます。

テレビの報道番組が取り上げたのを機に、かさんだ餌代が経済的に飼い主を圧迫したり、家の中を占拠されたりなど、さまざまな問題が表面化した。

○「多頭飼育崩壊」はネットでも話題になっています

多頭飼育崩壊をしていた家庭が以前住まわしてもらっていたとこにも居たわ近所に

猫の多頭飼育崩壊って言うことはオス猫を飼えばいいんじゃないのかな?って単純に思っちゃうんだが話はそう簡単じゃ無いんだろうなぁ。

ペットの多頭飼育崩壊は悪 生き物を飼う前にいろんな覚悟をしろよ当たり前だろ 「可愛いから飼いたい」と「責任もって最後まで飼う」の違いを考えてほしい もし今すでに多頭飼育崩壊して悩んでるんだったら一刻も早く人に助けを求めてください

多頭飼育崩壊。マジで意味が不明や。ほんまに腹立つ。死なずに済んだ命もあるだろう。可愛いだけで動物は飼えない。あーむかつくっ動物の命安易に考えてないか?不愉快なニュース見てイライラするーっ

○「多頭飼育崩壊」とは

ペットを一か所で何頭も飼育していた飼い主が、ずさんな飼い方をしたために異常繁殖を繰り返し、飼育不可能な状況に陥ることだ。

多くの場合、その現場では糞尿が垂れ流しにされ、エサも満足に与えられないペットたちは、病気や共食い、さらに餓死をして、目も当てられないような惨状が広がることになる。

日本では2016年の最新調査で全国で約1800件の多頭飼育による苦情件数が報告されている。

○動物愛護法違反などの疑いで逮捕者も

飼い猫を虐待し、死骸を公園に埋めたとして、朝霞市三原の20代女性が動物愛護法違反などの疑いで逮捕された。

市内の公園に猫11匹の死骸を埋めたとして動物愛護法違反などの疑いが持たれています。

女性は相模原市南区のマンションに住んでいた当時、13匹の猫を飼育し、11匹の死骸を埋めたという。

また多頭飼育崩壊の飼い主が捕まった……。 ほんと飼い主クズすぎる。 多頭飼育崩壊の飼い主は皆そうなんだけど、ぜんっぶお前のせいだからな!猫のせいじゃないから!!被害者面すんな(怒)

猫13匹多頭飼育崩壊の果てに虐待で逮捕か、うちは12匹プラス預かりが常時3匹くらい。 多頭飼育崩壊してないよ、でも1人で13匹の世話は大変だよ、最初は愛情があって飼ったんだろうけど。 避妊去勢はしないとね、3日に1回しかご飯もらえないなんて、結果死んでしまうなんて。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。