1. まとめトップ

Android 8.0へアップデートした後の不具合をまとめて、原因と対策を提供する

Googleの最新OS、Android 8.0。数多くのユーザーがAndroid 8.0 へアップデートしましたが、色々と不具合・バグの報告が増えてきています。そこで、Android 8.0へアップデート後に発生している不具合をまとめて、その原因と対策を提供します。

更新日: 2019年06月17日

20 お気に入り 420375 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sennmonnkaさん

Android 8.0 Oreo (オレオ) 正式発表、2017年8月21日より提供開始

米国で観測できる日蝕にあわせて、Google が2017年8月21日より、 Android 8.0 を正式に発表しました。

Android 8.0 Oreo のユーザー向け更新点は、小さなポップアップ窓で動画などを確認しつつ全画面で別アプリが使える Picture in Picture マルチタスク、通知がアプリアイコンから分かりやすく確認できる 通知ドット、Google Play Protect などセキュリティ機能の強化、バックグラウンドアプリのバッテリー消費低減で駆動時間延長、最大2倍の高速化(例:Pixel で起動時間が半分)、ブラウザ以外のアプリでもログインなどを覚える Autofill 、インストール不要ですぐにストリーミングでアプリが試せるAndroid Instant Apps 、追加の絵文字など。

KDDI(au)は、Android 8.0にバージョンアップできるスマートフォンの対象機種リストを公表した。対象機種は以下の通り。同社では、準備が整い次第、順次アナウンスするとしている。

・Xperia X Performance SOV33
・Xperia XZ SOV34
・Xperia XZs SOV35
・Galaxy S7 edge SCV33
・Galaxy S8 SCV36
・Galaxy S8+ SCV35
・Galaxy Note8 SCV37
・AQUOS SERIE SHV34
・AQUOS U SHV35
・AQUOS U SHV37
・AQUOS SERIE mini SHV38
・AQUOS R SHV39
・AQUOS sense SHV40
・HTC 10 HTV32
・HTC U11 HTV33
・TORQUE G03

けれども、Android 8.0 へのアップデート後に数多くの不具合が発生している

例えば、
▼「バッテリーの減りが早くなった・どんどん減る・本体が熱い(※一般的にアップデート直後はバッテリーを消費しやすい傾向にあるので注意)」(Xperia XZs)
▼「アプリの通知が来なくなった」
▼「アプリの通知設定がリセットされた」
▼「アプリの通知音が鳴らなくなった」

▼「アプリが強制終了する」
▼「再起動ループになった」
▼「明るさの自動調整の動作が悪い・明るさの調整がスムーズでない・遅い」
▼「音量ボタンが反応しない」
▼「カメラアプリが動作しない」
▼「Smart Lockが表示されない」
▼「動画の再生が遅くなる」
▼「壁紙が一部表示されない・真っ黒になる」(Xperia XZ)
▼「アプリの共有機能が動作しない・共有ボタンを使うと落ちる」

auのOSアップデートで、AQUOSのSHV34をAndroid8.0にアップデートしたら、FGOとアナザーエデンのBGMにノイズが入るようになった。音割れも酷い。ボリュームを最小にしても駄目。auサポートに電話したけど解決策は無いらしい。悲しい。 #FGO #アナザーエデン

auのAQUOS SERIE SHV34、Android 8.0.0にしてからゲームアプリのノイズが酷い。本当に酷い。検索したら少なくとも アイナナ/FGO/戦ブラ/あんスタ/夢キャス/デレステ/夢100/アナザーエデン でノ… twitter.com/i/web/status/9…

SHARPのスマートフォン:AQUOS SERIE SHV34のAndroid8.0アップデートが可能になりましたが、アプリケーションによっては本体再生の音声にひどいノイズがのるという不具合が発生しています。4/10現在、対応がア… twitter.com/i/web/status/9…

そこで、次は発生した代表的な不具合をまとめて、原因を分析して対処法を提供します。

Android 8.0不具合、Galaxy S8/S8+向けのAndroid 8.0アップデートを中断

先週サムスンが海外版の一部のGalaxy S8/S8+向けに提供を開始したAndroid 8. Oreoアップデート。
サムスンの現行最新機種としてはかなり遅めのOSアップデート開始といった感じですが、このようやく開始されたオレオ・アップデートが早くも中断されたようです。

SAMMOBILEが伝えたもので、これによるとAndroid 8.0は先週からトルコ、ノルウェー、UAE、インド、ベルギー、ドイツ、フランス、ポーランドなどのGalaxy S8/S8+に対して配信されていたのですが、これが現在では削除されアプデができない状態になっているとのこと。

アプデ中断の理由についてはまだ不明ですが、何らかの不具合が発覚したと考えるのが妥当でしょう。

Android 8.0不具合、XperiaでシステムUIが停止、応答しない

先日、ドコモ版のXperia XZやXperia X Performanceにもようやくアップデートが提供され、ようやく大部分のXperiaに8.0が行き渡ったといった感じです。
ただ、このAndroid 8.0にアップデートしたXperiaで”システムUIは停止しました”や”「システムUI」は応答していません”といったエラーメッセージが頻発するという不具合が複数発生しているようです。

◆システムUIが強制終了する原因と対処法

この問題、根本的な原因がファームウェア、OS、アプリのどれにあるのかはまだはっきりとは分かりませんが、発生条件としてはボリュームコントロール系アプリをインストールしていると発生しやすいようでう。

ただ、それ以外にもステータスバーにアイコンを表示するアプリであれば原因となりうる可能性があるとのことなので、該当するアプリがあれば一旦すべて無効化をして順番に再有効化して様子をみる、という方法が良いと思います。

Android 8.0不具合、XperiaのWiFi途切れ

以前より国内外で多数発生しているXperiaのWi-Fi接続が頻繁に切断されるという問題。

この不具合、最近ではXperia XZ1、Xperia XZ1 Compact、Xperia XZ Premium、Xperia XZ、Xperia XZsなど他機種に渡り、Android 8.0へアップデートが行き渡り始めたここ2~3ヶ月での報告が急増しているという印象。

Xperiaの公式サポートチームからの投稿で、WiFiが切断される問題は既知の不具合で、次のソフトウェアアップデートで改善されるとのこと。

また、このWiFi不具合はファームウェアバージョン47.1.A.12.34+Android 8.0搭載Xperiaで確認されているとのこと。

Android 8.0不具合、AQUOS R SH-03Jでの提供中断、圏外+SIMカード認識不具合

理由は通信不安定や圏外表示になる不具合が確認されたため、とのこと。

この症状、実は昨年のアップデート提供直後からネット上に複数の報告が挙がっており、具体的には画面上に「SIMカードがありません」的なメッセージが出てロック画面に戻ってしまうという症状。
AQUOS R SH-03Jはドコモ版では最初にバージョンアップが提供された機種。

1 2 3 4 5