日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク4―1ヤクルト(7日・福岡ヤフオクドーム)

 ヤクルト・石川が一発に泣いた。3回2死一、二塁、柳田へのスライダーが甘く入り、3ランを被弾。6回6安打3失点と失点はこの一本だけだったが「結果が全て」。黄色のひもが鮮やかな新グラブで臨んだ“石川対決”に敗れて5敗目を喫した。

 打線も右足の違和感から復帰のバレンティンが3三振など今季最多の15三振。ベンチ前に塩を盛ったが実らず、引き分けを挟み7連敗。真中監督は「直球を捉えられないと厳しい」と話した。

出典【ヤクルト】ベンチ前に塩も…今季最多15三振で7連敗 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【悲報】ヤクルト泥沼8連敗…実はジャイアンツより深刻な理由があるんです…

ニュースではジャイアンツの13連敗の方が注目されていますが、Twitterでは実はスワローズの8連敗の方がよっぽど深刻だと話題に…

このまとめを見る