1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kokko33さん

「うどんが主食」とは?

「食べログ」内で多数の飲食店を評価し、ナンバーワンのレビュアー(評価者)と言っていい存在。

カリスマ的な人気を誇り、「うどんが主食」の評価を参考にして飲食店を選ぶ人が多数存在している。

グルメの知識と経験を生かして、本の出版やテレビへの出演もしている。

「食のカリスマ」の不正疑惑

2017年6月8日、飲食店に接待を受け、高く評価していたことを週刊文春がスクープした。

文春オンラインの竹田編集長によると、うどんが主食さんが銀座の高級クラブでものスゴい接待を受けていたという情報が、飲食店のオーナーから入ったという。

「接待をされたお店のことをスゴく褒めている、点数も高くつけているという事がおかしいんじゃないか」という話

接待で豪遊 ⇒ 食べログで高い評価

うどん氏はステーキ店「ウェスタ」(東京・日本橋)に「4.8」の高得点をつけ、〈私はここ以外ではステーキ食べたくありません〉と絶賛しているが、この店のオーナー、小林達彦氏と銀座のクラブで豪遊していた

高級品をあげる店側にとっては宣伝になる

ウェスタ関係者もこう言う。

「うどん氏はウェスタでも食事代を奢ってもらっています。ロマネ・コンティで知られるDRC社の各ワインをはじめ、シャトー・ラトゥールやオーパス・ワンなど数十万~百万円以上の最高級ワインも奢りです。小林氏からはブルガリの時計もプレゼントされている」

過去の食べログでの不正

2012年に、業者によるやらせが発覚

飲食店の人気ランキングを掲載する大手インターネットサイト「食べログ」で、やらせ業者による不正なランキング操作があったことがわかった。39社が、掲載している飲食店から金銭をもらって好意的な口コミを代行で投稿し、不正にランキングを上げていた。

金品をもらって投稿することは厳禁

食べログを運営するカカクコムも厳しく対応

不正業者を特定した際には、そのような行為の停止を強く要請し続けるとともに、応じない場合はさらに踏み込んだ法的措置も視野に厳正に対応してまいります。
また、不正業者に限らず、2005年のサイト開設当初より口コミ投稿に関しては、全件チェックを行い、サイト利用規約等に則り、不適切な内容の口コミに対しては、修正や削除等の対応を行っております。

「うどんが主食」の不正は1件だけか?

今回報じられたのは1件のみだが、他にも不正を行っている可能性はある。

金品をもらって投稿していたとすると、「うどんが主食」のレビューは全く信用できない。

食べログの存在自体が疑われる事態に発展!?

1 2