1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

籠の中の鳥たちは何を思う・・・全寮制が舞台の漫画まとめ

「全寮制」というフレーズ自体に惹かれてしまいます。(ここはグリーン・ウッド、トーマの心臓、ひみつの階段、監獄学園、ガーフレット寮の羊たち、BEASTARS)

更新日: 2017年07月17日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 27368 view
お気に入り追加

◎『ここはグリーン・ウッド』 那州雪絵

胃潰瘍を患い、一ヶ月遅れで高校に入学した蓮川一也。“変人の巣窟”と噂される緑林寮(通称「グリーン・ウッド」)に入寮するハメになった一也の学園生活は前途多難—!?

ここはグリーン・ウッド、読んでるけど面白い~! やっぱり寮には奇人変人、食えない寮長たちがいて、そしてハチャメチャな毎日が楽しい!

『ここはグリーン・ウッド』、今読んでもまったく色あせず面白い。男子校の学生寮を舞台にした群像劇で、爽やかな読後感がたまらん。こんな高校生いたらいいンゴねぇ〜と妄想しながら読むのが正しい作法。ちなみにうちの姉は忍先輩のファンだった(笑)

那洲雪絵さんの『ここはグリーンウッド』面白い!学校・寮と家庭環境のなす人格形成と、少女漫画っぽい理想の描き方が絶妙によい。瞬ちゃんかわいいし蓮川ちゃんばかだしなんなのこの子たち!っていう寮母の目線で読みました

◎『トーマの心臓』 萩尾望都

冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。トーマ・ヴェルナー。そして、ユーリに残された1通の手紙。「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」

萩尾望都(はぎおもと)作『トーマの心臓』(漫画)読了。ヨーロッパのどこかの国の男子寮。主人公は優等生である、で禁欲的な性格で、こころの内を人に見せないタイプの人間である。それは徹底している。面白いのはそこから生ずる悲劇なのである。

トーマの心臓は本当に名作だから読んで・・・。文庫版なら1冊で完結する量だから読んで・・。 これが僕の愛 これが僕の心臓の音・・・(´;ω;`)

トーマの心臓は…!永遠に少女漫画史に残るであろう素晴らしい作品なので、未読の方はぜひ一度読んでみて下さい!!!と全力でオススメして回りたい…!!セグウェイに乗って布教しに行きたい!!!!

◎『ひみつの階段』 紺野キタ

夢を信じる少女にだけ見つけられる「ひみつの階段」とは。女子校の寄宿舎を舞台にファンタジックに描く、少女たちのときめき、ゆらぎ。

「全寮制」という単語にグッと来る方は、紺野キタさんのひみつの階段シリーズおすすめです

紺野キタ先生のひみつの階段シリーズは是非読んでほしい…きれいすぎて色んな気持ちが洗い流される

紺野キタの「ひみつの階段」。この方の作品初めて読んだけれど、絵が素敵すぎません?丈の長い制服のスカートを摘んで広げて、片足を半歩下げて礼をするシーン。すてきすぎる…

◎『監獄学園』 平本アキラ

伝統ある全寮制の女子高・私立八光学園。このお嬢様学校が本年度から男子を入学させることとなった。しかし入ってきた男子はたったの5人。

監獄学園チェック。男女比1:200のハーレム全寮制学校はやべぇ生徒会によるプリズン。野郎どもが思春期を体現させたかの下衆っぷりでわろたw 相撲好きで囲碁部所属のヒロインって斬新w

監獄学園は名門の女子高が共学になって今年初めて5人男子が入ってきて、全寮制だから覗きをしようとしたら生徒会につかまり処刑され学校監獄行きになって生徒会の皆様が罵って踏んだりしてくれる話めっちゃ面白い

監獄学園プリズンスクールって、漫画買ってきて読んだけど中々面白い エロスな表現多いけどコメディ寄りだな完全に

◎『ガーフレット寮の羊たち』 もとなおこ

1870年代のイギリス、パブリックスクールへ入学したアーネスト。そこは個性的な生徒たちが集まる伝統校で…

ガーフレット寮の羊たち/もとなおこ/プリンセスコミックス 1870年代英国パブリックスクールの寮生活を描いた作品てことで、一目見て惹かれたものの絵柄があまりにも少女なんで躊躇してました。でも買って良かったよ面白かったよ!全寮制のスクールライフを新入学から読ませてもらえるよ!

ガーフレット寮の羊たちはなんかもう妄想的な感想は出てこないくらい完成された物語なので万人に広く読んでほしい

ガーフレット寮の羊たちをアニメ化して、この世にパブリックスクールの素晴らしさを広めてほしい

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する