1. まとめトップ

【脊柱側弯症/脊椎側彎症】背中の骨がS字に曲がる病気

本日は、『脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)/脊椎側彎症(せきついそくわんしょう)』についてご紹介したいと思います!ちなみに、『側湾症』は誤字ですよ。

更新日: 2017年10月14日

3 お気に入り 5473 view
お気に入り追加

概要

『側弯症』
背中の骨がS字に曲がってしまう病気

『後弯症/前弯症』
背中の骨が後ろ/前に曲がってしまう病気

セルフ・チェック

『立位検査』
後ろ向きにまっすぐ立った、気をつけの姿勢で行います。
①肩の高さに左右差があるかどうか。
②肩甲骨の高さと突出の程度に左右差があるかどうか。
③ウエストライン(腰の脇線)が左右非対称であるかどうか。

『前屈検査』
両方の手のひらを合わせ、肩の力を抜いて両腕を自然に垂らし、膝を伸ばしたままでゆっくりおじぎをさせます。
肋骨や腰に左右のいずれかにもりあがりがあり、左右の高さに差があるかどうか。

『前屈検査』の信頼度は80%ほどです

もちろん、正確な診断にはレントゲン撮影が必要です!

原因

『神経繊維種症Ⅰ型』

『筋ジストロフィー』

『マルファン症候群』

『エーラス・ダンロス症候群』

『ソトス症候群』

『胸郭不全症候群』

『脳性麻痺』

1 2 3





tatsuhiro_0094さん

日本で子どもの病気や教育に関する啓発活動をしております。

欧米で当たり前のことが日本でも当たり前になりますように…

ちなみに、アフィリエイター等ではございません。