1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

■今年4月、名古屋にオープンした新名所

園内は大きく7つのエリアに分かれ、40を超えるアトラクション、ショー、シアター、飲食施設、ショップなどを配置。

■しかし、現実はなかなか厳しい様子

同社は「年間来場者200万人」を目標に掲げているが、開業から2ヵ月がたった今、集客に大苦戦している。

レゴランド ジャパンに行ってきました。 平日でガラガラだったので、ほぼ全アトラクションを周ることができました。 半分くらいはアジア系のお客さんな印象。 pic.twitter.com/A0i8auPb82

同社は開業後について「おおむね予想通り」と順調な滑り出しをアピールしているが、具体的な実績は非公表。

集客が予想より少なかった影響か、隣接してオープンした複合商業施設「メイカーズピア」の飲食店が5月下旬に撤退している。

■苦戦の理由

1DAYパスポートの価格は、大人6900円、子ども5300円と、子どもは東京ディズニーランドを500円上回る価格設定。

また、園内の飲食代も他のテーマパークよりも高く、この強気の価格設定には不満の声が多く上がった。

レゴランドのご飯、思っていたよりひどくはなかった。でも高い…。 pic.twitter.com/9aYbgAg9X5

レゴランドはコンテンツの魅力も何もかもアレなのに、入場料や食事の料金だけ一線級だった、銭ゲバっぷりがやっぱだめだったのかな…入場料さえ適正ならあそこまで言われなかったのでは…バーガーセット1300円…

悪評のレゴランド、酷いぼったくりで園内はガラガラ状態に・・・※画像あり buzz-media.net/topic/17874/ 左画像は、デマで拡散された、子供用にレタス抜きの包装をはがしたバーガー。右が正式な状態のバーガー。変わらないよ… twitter.com/i/web/status/8…

■この事態を受け、レゴランドは割引チケットの販売を開始

今回の割引チケット導入により、東京ディズニー及びUSJに対するチケットの割高感は解消されることに。

同社は取材に対し「同パークは2~12歳のお子様とご家族をメインターゲットとしているため、販売に至った」と説明。

4月1日のオープンからわずか2か月足らずで、実質的な値下げに踏み切ったことになる。

これまで禁止されていた飲み物の持ち込みも、5月14日から許可された

今日(5/21)のレゴランド、混雑はほどほど。決して空いてるわけじゃなく、でも大行列するほどでもなく、ほんとに適度な混み具合。食べ物もすぐ買えるし、アトラクション待ちも15分くらい。テーマパークは行列の待ち時間が人気のバロメーター… twitter.com/i/web/status/8…

この割引チケットのおかげか、客足はまずまずの様子

■そんなレゴランドにいま、さらなる逆風が吹いている

「レゴランド・ジャパン」が予定する敷地の拡張が、半年ほど遅れる可能性があることが分かった。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。