1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

toyatticさん

▼E・A・T

LA・TIMESにより1997年~2008年にLAのトップ10シェフに2度も選ばれたフレンチシェフのMICHIが帰国後に開店した本格的なカリフォルニア・ダイニングEAT。 2011年には、アメリカ最大のテレビ局”CNN”により"ベストニューレストランIN TOKYO 2010"に選ばれました.

新鮮な野菜たっぷり、ASANOYAの焼きたてのパン、ソースや具材は勿論、スパイスまでが全てがハンドメイドのE・A・T。ハンバーガー、サンドイッチ、サラダ、スープ、ボリュームがあっても全く重く感じないヘルシーな料理がコンセプトです。

▼FELLOWS

BBQアボカドバーガー 炭火焼されたパテがかりっとしてて、肉汁溢れます。他店より2、3歩先を行く美味しさです!バンズが黒くてインパクトあるけどカリッふわっのカルテット。このままでもいけんな~ アボカドのもっちゃり感、レタスがしゃきしゃきで食べてて楽しい(゚∀三゚三∀゚)上のBBQソースがさらに美味しく、袋に残ったソースも舐めきっちゃいそう。

炭火で香ばしく焼かれたパティは香りがよくって美味しい!ここのバーガーのグリルされたオニオンも大好きです。

駒沢のお店をクローズしてから今日までの間、充電してきたパワーを全開!と思える元気いっぱいのお店でした。

▼The 3rd Burger

フレッシュな手作りハンバーガーが食べられるお店です。”これまでに無い、体が喜ぶハンバーガーが作りたい”という想いから、店内で生のブロック肉からミンチにして成形するこだりのパティ、お店で発酵させて焼きあげるバンズ、新鮮な野菜を使っていることから、そんなコダワリが意識高い系に評価されています。

店名を冠したthe 3rd Burgerは、何種類もの野菜がそこに割り込んできても、不思議とバラバラ感がなくハンバーガーとして一つの味を作り上げています。話題のiBeaconも体験できるので、ぜひ来店して絶品のハンバーガーを味わってみては如何でしょうか。

▼ザ グレートバーガー

明治通り沿い、一際目立つアウディのガラス張りのショールーム。その隣のダイヤモンド社の真裏の細い道を入っていく。少々わかり難いが、散策気分でがんばってください。店内はミッドセンチュリー的な雰囲気で、落ち着く。オシャレであった。

なかなかボリューミーなハンバーガーです。まずは野菜から。皮つきポテトに、テーブル胡椒をさらに振り掛けいただきました。美味いです。そしてハンバーガーへ。一旦わしずかみにして専用袋にほうり込みます。そしてガブっと一口。粗挽きの肉々しいパテは好みです。ソースも美味しい。分厚くふんわりしっかりのバンズと、専用袋のおかけで中の具材が安定し大きさの割に食べやすいハンバーガーでした。

▼UMAMI BURGER

ロサンゼルス発祥で、TIME誌の「史上最も影響力のある17のバーガー」に選出されるなど、アメリカ国内で高い人気を誇る、黒船ともいうべきハンバーガーショップが、青山の地に来航しました。
“UMAMI” とは日本語の「旨味」に由来し、創設者のアダム・フライシュマンが、旨味を最大限に引き出す調理法を確立し作りあげたバーガーであることから『UMAMI BURGER』と名付けられたそうです。

看板メニュー”UMAMIバーガー”は、基本の味付けはケチャップだけのシンプルなハンバーガーですが、肉汁たっぷりのパテに、カリカリにしたチーズ、シイタケ、トマトなどが複雑な旨味を醸し出す、丁寧に作られているハンバーガーです。

▼KUA`AINA

1975年にテリー・トンプソンによってハワイ・オアフ島の北西海岸にある世界中のサーファーには特に有名な街ハレイワに開店したサンドイッチショップ「Kua Aina Sandwich Shop」が元祖です。ハワイで一番美味しいと言われているハンバーガーショップだけあって、味やボリュームから根強いファンから支持されています。

バンズが3種類「カイザーロール」「全粒粉」「ライ麦」から選べ、パスタの原料としておなじみのセモリナ粉を使用しており、油脂が少なくサックリとした食感を楽しめます。黒ケシの実で表面を飾り、芳ばしさがプラスされています。細くてちょっとカリッとした独特な食感のフライドポテトも人気です。

1 2