1. まとめトップ

▼目次

□”スペースX 社” 共同設立者「イーロン・マスク」

□”アップル” 共同設立者「スティーブ・ウォズニアック」

□”ナイキ” 創業者「フィル・ナイト」

□”タワーレコード” 創業者「ラス・ソロモン」

□”スペースX 社” 共同設立者「イーロン・マスク」

1971年6月28日|南アフリカ・プレトリア生まれ

1989年|南アでの兵役(アパルトヘイト)を避け、カナダに移住

1995年|スタンフォード大学を2日在籍しただけで退学し、Zip2 を起業

1999年|X.com を共同設立(2001年にPayPal となる)

2002年|スペースX CEOならびにCTO

2006年|太陽光発電会社 ソーラーシティ 会長

2008年|テスラモーターズ 会長兼CEO


2010年以降、世界でもっとも挑戦的な起業家として名をはせる

〇マルチタスクの極み

Zip2(ネット版タウンページ)、X.com(決済・旧 PayPal )、Tesla(電気自動車)、SpaceX(宇宙ロケット)と多くの事業を立ち上げて全て成功させただけでなく、

最近では、Hyperloop(高速交通インフラ)、The Boring Company(トンネル掘削)、そしてNeuralink(ブレインマシンインターフェース BMI)まで手掛けています。

どれも難易度が高い事業にもかかわらず、イーロン・マスクは壮大なビジョンを描き、少しずつ前進しながら実績を積み、いつのまにか業界を大きく変えてしまうのです。

〇資本について

「他人が大切にしている価値観を考え、それを形にしてあげれば人はお金を払う。お金は常に必要性のあるところへ流動するものです」

〇人事について

「企業を作るときに大切なことは、才能の集中。トップレベルのプレーヤーが集まったナショナルスポーツチームを作るようなもの。
特定の分野に才能を持つ人を集めることが大切」

〇宇宙を目指す意義

「(宇宙分野が進むことで)社会のスケールがもっと大きくなる――こんなことを考えると、とても興奮する。地球にはたくさんの問題や課題がある。

でもインスピレーションが湧くようなものがあっていいと思う。毎朝起きて、明るい将来があると思えることは大切だ」

〇野心の裏側

「私は生まれつき強迫観念に囚われている。
何かをしくじったりすることに関しては、人並みに罪悪感を覚えるんだが、そうなると逆に神経が図太くなるんだ。

自分にとって大切なのは勝つこと。それも、ささやかな勝ちじゃダメなんだ。理由はわからない。たぶん、心に厄介なブラックホールでもあるか、神経がどこかでショートしているんだろう」

〇リーダーとしての”真実”

「未来の私たちの進化と発展は、この地球の構造を理解した上で成り立つものです。そんな時代に私を含めこれからのリーダーや経営者にとって必要なものとは何でしょう?

明るい未来を信じられる仕事を創ること、それこそがリーダー自身の誇りにも繋がっていくと思うのです」

□”アップル” 共同設立者「スティーブ・ウォズニアック」

1973年ごろ|ヒューレット・パッカード入社

1975年ごろ|「Apple I」

1977年|アップルコンピュータ設立
(前後して、ヒューレット・パッカードを退社)

1977年~|「Apple II」

1980年|アップルはIPO(株式公開)を果たし、ウォズは約1億ドルを手にする

1985年|Apple IIを正しく扱っていないことを理由に、アップルを退社

以降、地域の子供や若者のための情報化教育活動などをしている。

〇偉大なるレガシー

話題は、MITS社から発売になった「アルテア」という自作コンピューターキットだった。といっても、キーボードもないし、モニターもない、ストレージもない。アルテアは400ドルもした。

ウォズは自分であればもっと安く、いろいろなことができるマシンが製作できると確信を持った。ウォズはもう一度、「ウォズのコンピューター」を設計することにした。

「ウォズのコンピューター」は、後に「Apple I」と呼ばれる。

入力用のキーボードがあり、テレビを出力用のモニターとして利用できる。アルテアには両方ともなかったのだ。

今日ではあたりまえのパーソナルコンピューターのスタイルは、ウォズの独創だった。

〇成功と失敗

「アップルⅡ」は世界一売れたパソコンだったが、その後継たる「アップルⅢ」は、さっぱり売れなかった。

”アップルⅢは、マーケティング部門主導で開発され、あらゆる機能を詰め込んだ。しかし、そのコンピュータは、アップルⅡとの互換性にかけ、信頼性も低かった(よく故障した)。

エンジニアだったら絶対にやらない。大きな会社では、こういうやりかたをするのかって、ぼくは幻滅したね”

〇ジョブズとの違い

1 2 3





yentownさん