1. まとめトップ

将棋棋士の給料・タイトル戦の賞金まとめ

将棋 棋士 賞金 対局料 給料 タイトル戦 羽生善治 渡辺 明 佐藤天彦 糸谷哲郎 山崎隆之 郷田真隆 豊島将之 豊島将之 三浦弘行 深浦康市 竜王戦 名人戦 叡王戦 王位戦 王座戦 王将戦 棋聖戦 棋王戦 棋聖戦 朝日杯 NHK杯 銀河戦 JT杯将棋日本トーナメント 新人王戦

更新日: 2017年06月17日

2 お気に入り 327615 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

akiratetsuoさん

将棋棋士の給料 基本給と歩合給について

歩合給、これは各棋戦(順位戦は除く)の対局料が主になります。相場は一局当たり、2万円から数百万円と言われています。

基本給、これは順位戦の所属クラスに応じ、名人を頂点に、A、B1、B2、C1、C2まで五つのランクにより基本給も上下します

1年を通しクラス毎にリーグ戦が行われ、昇級と降級が決定します

名人が106万円、Aクラスで65万弱、B1で49万弱、B2で32万弱、C1が21万弱、C2で16万弱、フリークラスで支給なしとなっています。(島朗著「将棋界が分かる本」より引用)

将棋棋士のその他収入

年間で見れば、さらにボーナスもあります。盆暮の二回、基本給の二ヶ月分が支給されます。以前は夏のボーナスのことを「氷代」、冬のそれを「餅代」と呼んでいたそうです。

このほかに道場での指導料や、イベント出演料、講演なども別途収入となります

8大タイトル戦 賞金と対局料

竜王戦 ・・・ 4200万円

予選から高額な対局料

1回戦の対局料は35~40万円だが、準々決勝まで進めば80~90万円、準決勝で120万円になり、挑戦者決定戦は330万円

決勝トーナメント1回戦の対局料は35~40万円だが、準々決勝まで進めば80~90万円、準決勝で120万円になり、挑戦者決定戦は330万円になる。

竜王戦の対局料は竜王1450万円に対し、挑戦者は半額だが700万円。7番勝負の結果、勝者の竜王には4200万円、敗者には800万円の賞金が出る。

名人戦 ・・・ 2000万円

叡王戦・・・2000万円

2000万円以上3000万円未満という説が有力で、ドワンゴは本当はそれ以上に設定したかったものの、名人戦や竜王戦を主催する新聞社との関係性から「それ以上」にはできなかったとも言われている。

王位戦 ・・・ 1000万円

王座戦 ・・・ 800万円

棋王戦 ・・・ 600万円

1 2

関連まとめ