簡単にできる、夏でも崩れにくい「メイクテク」

朝がんばってメイクしても、暑さや湿気でドロドロ顔になってることが多い…(´;ω;`)消えやすい目尻のアイラインや眉などで、恥ずかしい思いをしないためにもメイクで対策しておきたい!

更新日: 2017年06月12日

429 お気に入り 151202 view
お気に入り追加

つらい顔汗を、乗り切きる秘策

クッションに2~3回押し付け、液体を染み込ませたら、顔にスタンプを押すようにのせていけばOK

「垂直」に付けるだけ!

ファンデーションは厚く重ねるほどに崩れます。そういう意味でも、薄膜で均一に手早くのばせるブラシ使いはおすすめです

塗りエリアはフェイスラインよりも、2まわりは小さくてOK

生え際の汗による、メイク崩れも気になりにくい。

崩れる前にお直しすると厚塗りになってしまうけど、崩れてからでは現状復帰が難しい。ランチタイム前後がジャスト

便利なアイテムが、夏場に役立つ「UVパウダー」。ファンデで直すと、どんどん濃くなるのでパウダーが◎

夏の大敵、パンダ目を防ぐのは…

さらに、クリームシャドウでしっかりキープ。

何層にも重ねたアイメイクは崩れやすいですよね。一色のシャドウを薄くのせることでモチも良く、しっかりキープできる

アイシャドウを重ねることで、目尻ラインを汗で消滅させない。

リキッドライナーに同系色のアイシャドウを重ねて、最後にパウダーをブラシでフワッと。アウトドアにも対応

乾いた綿棒だとメイクのにじみは落としきれないので、コットン部分が濡れている「メイク直し専用の綿棒」があると、簡単

軽くティッシュオフしたら、その上から直せる。

ポイントメイクは質感にひと工夫♪

クリームチークとパウダーチークは同系色を重ねるのはもちろん、ピンク×オレンジといった異なる色を合わせてみてもオシャレで今っぽい

顔の印象を左右する眉。土台作りが出来てない人が多い。

まずパウダーでおさえましょう。この工程を入れることで、スキンケアやファンデの水分や油分をおさえ、アイブロウパウダーがのりやすくなる

アイブロウは「クリーム系」がいまドキ。

ふわふわ眉を作りながらも、汗に強いものが多い。

眉アイテムは、昔と違いウォータープルーフのアイテムも使用感が上がって、他のものと遜色ない使い心地のものが増えた

あとは、眉尻をリキッドで!

皮脂やこすれで消えることが多い眉尻は、リキッドタイプで描くのがオススメ。

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。