1. まとめトップ

ヨガが健康・美容に良い理由

ヨガが健康に良い理由は、体を柔軟にし、若返らせるからです。また、日常生活では行わないようなポーズをとることにより、体の特定の部位を刺激し、その周辺にある内臓を強化します。呼吸法により、脳がリラックス状態になるため、乱れていた自律神経やホルモンのバランスが正常化されます。

更新日: 2017年08月01日

10 お気に入り 9215 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lletee127さん

ヨガが健康・美容に良い理由

①体を柔軟にし若返らせる

筋肉や背骨、靭帯(じんたい:関節を包む繊維性の組織体)などは、放っておけば歳月とともに硬化していくものです。
これは老化の原因の一つであり、目立つ特徴でもあります。

ヨガでは体の各組織を、筋肉痛などを残さずに、柔軟かつ弾力的にします。

②内臓を強化する

ヨガでは、日常生活では行わないようなポーズをとることにより、体の特定の部位を刺激し、その周辺にある内臓を強化します。
これにより、健康状態をより良いものにします。

私たちの体は、速く動かせば動かすほど呼吸が荒くなります。呼吸が荒くなると、呼吸の回数が増えるので、より多くの酸素を取り込んでいるような気がしますが、それは大きな勘違いです。実際には、体の中に取り込まれる酸素の量は減少しています。なぜなら、回数は多くてもひとつひとつの呼吸が「浅い呼吸」になってしまうからです。

呼吸が自律神経と関係するのは、血管を収縮・拡張させるのが自律神経だからです。基本的に、交感神経が優位になると血管は収縮し、副交感神経が優位になると血管は拡張します。そのため、体が酸素不足を感じると、末梢の血管を収縮させるために、交感神経優位の状態になり、酸素の量が増えると、反対に副交感神経優位の状態にして血管を拡張させるのです。

ヨガは古代インドで生まれた修行法です。古代の人たちは、なぜ「深い呼吸」が体に良いのか、その理由は分からなくても、それが自分の心身に宿る潜在能力を引き出す最良の方法、つまり、深くゆっくりした呼吸が自律神経のバランスを整える最良の方法だということを経験を通して知っていたのです。

なぜ、ヨガは健康にいいのか。それは深い呼吸を通じて、自律神経のバランスを整えるから、というわけです。

そう考えると、子どものときに何か焦ったりして慌てふためいていると、母親が「大丈夫、大丈夫、落ち着いて、ゆっくり深呼吸して」と言ってくれていたのは、実は理にかなった的確なアドバイスだったといえます。

1. 心と体のつながり
ヨガを行う事で、姿勢を整え、呼吸を整え、自分の心の声を聞くことができる。

2. 痩せやすい体に
呼吸を整えることで、体内のバランスは整い、血液の循環が良くなる。自然と代謝機能がアップするのも嬉しい。繰り返しヨガを行うことで、自分の体が何を欲しているのかなどが分かってくる。セルフメンテナンスが行いやすくなるのもヨガの素敵なところだ。

3. ストレス解消
正しい呼吸法で体は落ち着き、静かに流れる時間は自分と向き合う手助けをしてくれる。

4. 免疫力UP!
呼吸を正しく行いながら筋肉を伸ばしてあげることで筋肉を覆う粘膜が強化され、免疫力がアップするのだ。

ヨガで一番効果が現れるのは心です。

ヨガは、呼吸と姿勢を整えることでストレスが軽減する効果があるのです。
例えば、疲れたときに両手を上に伸ばしながら伸びをしますよね。
そんなポーズ1つでも気持ちが楽になりませんか?
人間は、関節や筋肉を伸ばしたり、ほぐすことでストレス軽減効果があるのです。

ヨガを継続することで様々な効果が得られます。
その中には女性に多い悩みを解消する効果が多いのです。

・魚のポーズ
便秘、肩こりに効果アリ

・コブラのポーズ
月経痛、月経不順、便秘に効果アリ

また血流の流れをよくするポーズもあるので冷え性などにも効果があるといえるでしょう。

部分痩せという言葉は聞いたことがあるでしょうか?
言葉の通り腕だったら腕だけ、太ももだったら太ももだけなど部分だけ痩せられるダイエット方法です。

ヨガには痩せたい部分を引き締める効果があるので部分痩せと同じく、背中の脂肪をキュッと引き締めることが可能なのです。

・船のポーズ
二の腕、背中、おなか、ふくらはぎ、お尻、ふとももの引き締め効果アリ

・橋のポーズ
背中、お尻、おなかの引き締め効果アリ

ヨガによって得られる基礎代謝アップにより妊娠しやすい体にもできるのです。

女性ホルモンの分泌が活性化され、それと共に体温もあがるので妊娠しやすい体となります。

さらにセットで内蔵機能を活発にし、体にこびりついたいらないものを落とす効果があるので、妊娠中に必要な健康体も手に入れることができます。

ヨガを行うことで、良いことと言えば、筋肉をほぐして関節や骨、内臓の位置や働きを正常化させることがまず思い浮かびます。
体の働きが正常になることで、痛みやつらさのない健全な肉体を手に入れることができます。

深い呼吸は、体の奥からリラクゼーション効果をもたらします。

また、体の機能を引き出す動きは脳を活性化してストレスに強い脳を作ります。
深いリラックスとストレスに負けない脳を作ることは、現代のストレス社会で生きる上で非常に重要な課題です。

ヨガでストレスが解消できる理由

ヨガの中心になっているのは、特徴的なアーサナと呼ばれるポージングと、深い腹式呼吸、そして瞑想です。

これらは三位一体となって、人間の体と心の健康を作ります。

ポージング

筋肉を曲げ伸ばしして血流を高めます。
普段使わない筋肉を動かして、コリや痛みの元をなくします。

体を動かしやすくなり、難しいポーズでも自分の体をコントロールすることで完成させることができるようになり、体の軽さと自信を取り戻せます。

呼吸

腹式呼吸はヨガの特徴的な呼吸法です。
深く酸素を取り入れることができ、体の中の酸素量を増やすことができます。

体を巡る酸素量が増えることで、リラックス効果と脳の活性化が行われます。

瞑想

日常の出来事や悩みから解放させ、静かに自分の世界に入り込みます。

瞑想を行うことで、脳をスッキリとさせて、また新しい発想を生み出す力も湧き出します。

肉体的な健康効果
・自律神経、ホルモンバランスの正常化
脳がリラックス状態になるため、乱れていた自律神経やホルモンのバランスが正常化されます。
生理不順の改善や、コレステロールや血糖値の低下にも効果的です。

・肩凝り、腰痛、冷え性の改善
血流やリンパの流れが良くなり、体内環境が整います。
慢性化していた肩凝りや腰痛が軽減され、ポカポカとしてきます。

・免疫機能の活性化
深い呼吸ができるようになり、体の抵抗力が増します。
自然治癒力が高まり、風邪をひきにくくなります。

・シェイプアップ効果
姿勢が良くなり、内臓が活性化されて筋肉量がアップします。
脂肪が燃えやすくなったり、便秘が改善したりして肥満解消に効果があります。

精神的な健康効果
・ストレス解消
心のバランスを取り戻し、リラックスすることができます。
感情のコントロールができるようになり、イライラすることも減っていきます。
・うつ病の改善
うつ病は脳内物質セロトニンが不足することで起こると言われています。
ヨガで脳をリラックスさせ、セロトニンの分泌を促します。

・集中力アップ
脳を活性化させて脳機能を向上させます。
集中力が増し、頭がクリアになるはずです。

1 2