1. まとめトップ

世界の最新戦闘機

更新日: 2017年07月16日

Tannhauserさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 264 view
お気に入り追加

MiG-35

ロシアのRSK「MiG」によって開発された、マルチロール機である。
北大西洋条約機構 (NATO)の使用するNATOコードネームは
ファルクラムF (Fulcrum-F) 。
非公式名称であるがスーパーファルクラム (Super Fulcrum) の愛称が用いられることもある。
ロシアでは当機を第4++世代ジェット戦闘機に定義している。

Su-35

ロシア連邦のスホーイ社が開発し、Yu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場(KnAAZ)が製造する長距離多用途戦闘機。Su-27を発展させた第4++世代ジェット戦闘機であり、MAKS-2007航空ショーで発表された。

J-20(殲-20)

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/J-20_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)

J-20は、中国航空工業集団公司が、中国人民解放軍空軍のために試作中の、第5世代双発ステルス戦闘機である。NATOコードネームはファイヤーファング(Fire Fang)。

J-11(殲-11)

Su-27Sのダウングレード型(いわゆるモンキーモデル、ただしレーダーは、10目標の同時追跡、2目標の同時攻撃が可能なN001VEに強化されている)である、Su-27SK/UBKが配備されており、また国内で百機弱程がライセンス生産の殲撃11型(英語版) (J-11) として配備されている。

F/A-18E/F(スーパーホーネット/Super Hornet)

アメリカ海軍が運用する艦上戦闘機
複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。

F-22(ラプター/Raptor)

アメリカ空軍が運用する複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。

極超音速無人偵察機 SR-71ブラックバード

極超音速無人偵察機「SR-72」

F-15J

F-15Jは、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発したF-15C/Dイーグルを、三菱重工業が中心となり、航空自衛隊向けにノックダウン及びライセンス生産した戦闘機である。

1 2





Tannhauserさん

権利関係等、様々な問題があれば連絡願います。