1. まとめトップ

海外で大流行中の「ベルフィー」とは?

「ベルフィー」とは
「butt(お尻)」と「selfie(自撮り)」
を合わせた造語。

ベルフィーは自分のお尻をSNSにアップするのです!

セルフィーは自撮りですが、ベルフィーはお尻の自撮り。

セレブたちも競い合うかのようにご自慢ヒップを続々ポスト。

ヴィクシーエンジェルをはじめ、最も美しいベルフィーを撮ったのは誰!?

キレイな美尻には3つの条件がある。

・引き締まっている
・プリッとしている
・汚れがない

この3つは絶対条件!

そんな美尻に必要な筋肉は?

お尻は「大臀筋(だいでんきん)」
という筋肉によって形成されています。

お腹周りの筋肉

美尻を手に入れるために必要なのは、お尻の筋肉以外にも、まずはお腹の筋肉が大切。
お腹周りを引き締めることで、後ろや横からのシルエットで、よりお尻とお腹のカーブのコントラストが良くなり、結果として美尻をさらに強調することになります。

脚の筋肉

その中でも特に太もも裏のハムストリングを日頃から運動しておくことで、身体を横から見た際の、お尻と脚の付け根のシルエットがさらに美しくなることはもちろん、女性にとっての大敵であるセルライトの予防にも効果があります。

お尻の筋肉

この中でもお尻の後面から横までを覆うように位置している大臀筋は、
ヒップアップをする際に一番大切な筋肉。

この大臀筋を中心に運動しながら、大臀筋上部に位置して、大臀筋の深層に位置する
中臀筋と小臀筋も一緒に筋トレすることで、全体としてハリのある美しい美尻を手に入れることができます。

■美尻トレーニングの5つのやり方

1.相撲スクワット

通常のスクワットより更に足を広げて
ガニ股になって行うスクワットを指します。

目安は20回3セット以上が効果的です。

スクワットでも得られるヒップアップ効果ですが、
相撲スクワットは足を開いて行う事で大殿筋への刺激が高まります。

足を前後に開いて行うランジやブルガリアンスクワットでも大殿筋への刺激を高める事が出来ますが、実は横に開く相撲スクワットでもそれが可能です。

2.ドンキーキック

TVを見ながらなど簡単にできるエクササイズですが、効果は抜群です!

目安は20回3セット以上が効果的です。

「ドンキーキック」は簡単な足上げのエクササイズです。
そのヒップアップ効果の高さは美尻女子の間ではもはや常識。

しかも、すごいのはヒップアップ効果だけじゃない!
腰周りの無駄なお肉やヤセにくい太ももにも効くんです。

3.プランク

「プランク」はとても単純な自重トレーニングの一種で、体を1枚の厚い板(プランク)に見立てて、フラットな状態をできるだけ長く保つエクササイズで、体幹を鍛えることができます。

目安は30秒から1分を3セット以上。

プランクの基本的なポーズは、うつ伏せに寝転がった状態で、両肘を床につき、体を浮かせるというものです。

ただし、肘だけで体重を支えるわけではありません。
腕をL字型に曲げて、肘から先を床につけて体を支えましょう。
もう一つのポイントは、背中を反らすのではなく、体を一直線に保つという点です。

4.ヒップリフト

元々は背部のインナーマッスルを鍛えるトレーニングのヒップリフト。

目安は15回3セット以上が効果的です。

大臀筋への刺激が強いので、全身を鍛えながら、効果的にお尻も鍛えられます。

左右に体が振られないように、両手でフォームを安定させましょう。

5.ブルガリアンスクワット

スクワットの中でも、ハードなトレーニングに分類される「ブルガリアンスクワット」。

目安は左右20回ずつ3セット以上が効果的です。

1 2





m.strong.9さん