1. まとめトップ

不眠の”これがダメ”を快眠に変える 安眠のテクニック

眠りたいのに眠れない!と思うことがありませんか?悩み事が多かったり、興奮しているとやはり眠りまでたどり着けないこともがあります。眠ることは大切ですが、ステップをふんで気持ちを切り替え、眠くなるまでの時間をたのしくすごしてみませんか?心地よい眠りへさそうグッズもまとめてみました。

更新日: 2017年06月13日

0 お気に入り 4931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

madzzzさん

睡眠の大切さ!

人は眠ることでストレス解消が出来たり、疲れを癒やすことができます。目覚めたときまた活動出来る体になっています。眠ることはよいことがいっぱいあります。
さらに心地いい眠りで、すっきりとするためにはいくつかの方法を試してみましょう。

眠れていないかもと思わない!

自分の思いに深く入ってしまったりすると、うつ病担ってしまいます。眠れない時には、夜空を見たり、したいことをしてすごすこともよいのでは・・・
人はいつか眠くなります。

「寝付けない。」「夜中に目が覚めてそれから眠れない」という高齢者がいます。
本当に眠れていないのでしょうか?
眠れていないという先入観があるのかもしれません。
横になっていたらいつの間にか寝ていることもあります。
深い眠りでなかったにしても睡眠はとれていることがあります。

眠たくないときはベッドに入らない

いくつになっても終わらない羊のかず!
だったら布団にはいらなくてもよいのではないでしょうか?
本を読んだり、運動したり、音楽を聴いたり過ごす時間をつくるのも良いでしょう。
気分転換ですっきりしませんか?

羊を数えても眠れない!
寝ようと思ったら、いろいろなことを考えて眠れない!
                   いうことはありませんか?
眠くなったら布団に入ったらどうでしょう?

夜中に目覚めても時計を見ない!

時を数えないようにしましょう。
「まだコレしかねてない」と考えてしまうからです。
ぼんぼん時計も夜は鳴らない様に出来たらいいですね。

午前3時 もう寝られないのなら起きてラジオを聞いたり、本を読んだりしてすごすのもいいのでは。
年を取ったら早起きしてしまいます。
時間を活動に使うのもよいと思います。

ついつい
「いま何時?」と時計を見てしまうことがあるでしょう。
朝起きる時間にタイマーをかけているのであれば、ほとんどの人が、その音に反応して目覚めます。
ですから、タイマーが鳴っていないのであれば、まだ起きる時間ではない
ということです。
まだ、寝ても大丈夫です。夜中に目が覚めても時計を見るのをやめませんか???
眠っていても時間なのですから・・・・。

散歩や運動は夕方に

朝、目覚めたら食事の前に散歩することもあるでしょ。
健康維持のために行う事はとてもいいと思います。

014.10.8 NHKためしてガッテンで紹介された良い睡眠の方法
夕方散歩し、終了後30分以内に牛乳(又はヨーグルト)を食べると、就寝時の体温が上がり、その結果、夜から朝にかけての体温差の傾斜が増して寝つきがよくなる。
つまり、 ぐっすり眠るには、夜寝る前の体温が、朝起きた直後の体温より0.5度以上高いのが理想。
早めの入浴がよい。

目覚めたらカーテンを開けるのはなぜ?

朝がきたことを体が知ること
明るい光を浴びることで、能も体も起きてくる!

体内時計もきっちり回り、疲れたら寝るという週間を身につけることが出来る。

目が覚めたら30分以内に日光をあびることで目覚めが良くなると言います。
また日光を浴びて背伸びをすることで、とてもよい睡眠がとれたと感じることが出来ます。

熟睡するための食べ物・飲み物はこれがおすすめ

おすすめしたい食べ物
チョコやアーモンド  これらの食品に含まれるトリプトファンという成分が精神的安定を促してくれます。

体に十分な栄養を取り込み、中枢が満たされることで眠気を誘うことも出来る。

○”本日の夕食”で取りたいたべもの
  お肉・魚・乳製品(牛乳やチーズなど)なっとうやバナナ

 これらを取ることで、いい睡眠にたどりつくことが出来るといわれている。
 若い人たちは肉を好みますが、やはり食べることで、満足感を得ることも出来ますし、
 体の疲れを癒やしてくれる栄養素がたくさん含まれています。

お好みのハーブティーを選んでのむ。
安らぎを感じます。
よく利用されるのが、カモミール、ジャスミンなどです。

○おすすめしたい飲み物
やはりリラックス出来るハーブティーや水
自分が好むジュースや暖かいミルク、ココアなど

足のツボ!

”イタイ” “イタイ”ところが悪いところ!
毎日符みたい足のツボマット

布団が硬い!柔らかい!と感じることはありませんか?

睡眠に入っていくための条件を整えた後は、快眠になるグッズですっきり眠りたい物です。
1日の疲れを癒やす布団を選びましょう。

枕の高さや種類も選んで見ましょう。

1 2