表側ブラケット矯正は最も一般的な治療方法で、歯並びと噛み合わせを治すことが出来ます。比較的費用が安価な金属ブラケットと、白や透明など目立ちにくい素材を使った審美ブラケット、またワイヤーをブランケット本体についている開閉式クリップでとめる、セルフフライゲーションブランケットがあります。

出典矯正歯科まとめ | 歯の矯正はいくらかかる?治療の種類と費用相場

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【矯正の費用】は?見えない矯正って?装置の種類別まとめ

矯正は保険がきかないので費用がかかります。今は見えない矯正装置も普及して、以前よりも治療に踏み切りやすくなってきました。気になる費用や装置の種類をまとめています。

このまとめを見る