マウスピース型の矯正装置をつけて治療を行うのが「インビザライン」です。取り外し可能なため、食事の際は自由に外して食事を楽しむことができ、なによりも透明に近いため裏側矯正同様に装着していることが目立ちません。気にせず会話も楽しめ、ワイヤーやブラケットを装着しないので、発音がしにくい、痛みや違和感を感じるいといった症状も少なく済みます。

出典矯正歯科治療について | 大阪で矯正歯科をお探しなら、なかやま矯正歯科

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【矯正の費用】は?見えない矯正って?装置の種類別まとめ

矯正は保険がきかないので費用がかかります。今は見えない矯正装置も普及して、以前よりも治療に踏み切りやすくなってきました。気になる費用や装置の種類をまとめています。

このまとめを見る