1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今夜サッカー日本代表がアウェイでイラクと対戦する

試合はイラクの政情不安により中立地で開催され、13日午後4時55分(日本時間同9時25分)にキックオフする。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本45位、イラク120位。対戦成績は日本の7勝2分け3敗。

試合は現地時間の午後4時25分キックオフ(日本時間同9時25分)だが、気温は40度近くで厳しい日差しが照りつける。

試合と同じ夕刻帯でも、気温約35度の厳しい暑さ。体への負担も大きいだけに、90分間の試合運びの重要性が増す。

現在、怪我人が続出しているサッカー日本代表

香川は7日の親善試合シリア戦(1△1、東京スタジアム)に先発出場したが、前半7分に接触プレーで左腕から着地した際に左肩を負傷。

試合後、病院で検査を受けた結果、「左肩関節前方脱臼」と診断されていた。なお、追加招集は行わないことも合わせて発表されている。

ケガ人多いのが気になる…(T . T) 長谷部は手術後間に合わず、香川はシリア戦で脱臼(>人<;) 今野は骨折明け、山口蛍はスネの打撲、長友はふくらはぎ痛…( ̄▽ ̄) 謎のCB森重→昌子、清武→本田の起用も不安だし、→

香川選手は「残念で、申し訳ない形でチームを離れるが、こればかりはしかたがないので、今はケガを1日でも早く治すことに集中したい。日本代表が勝つことを祈ることしかできないが、勝利を信じて戦ってきてほしい」とコメント。

試合前日にハリルホジッチ監督が公式会見を開いた

「素晴らしいチームだと思います。私の分析では90%はリオ五輪を経験。ブラジル相手に素晴らしい試合をした」と話した。

ハリルホジッチ監督は「このような暑さの中では本来なら試合しないと思う。選手の健康も考慮してほしい」と、イランの酷暑について言及した。

終始真剣な表情だった指揮官は「この暑さなら、プールやビーチに行くのが一番気持ちいいだろう」と笑わせつつ

「健康上のリスクはある。体の器官をしっかり順応させるために、水分補給をしておかなきゃいけない」と、アウェイの環境に適応する難しさを明かした。

イラクといえば「ドーハの悲劇」の記憶のある相手

全10試合で争われる最終予選は佳境を迎えようとしているが、日本にとってイラクは、土壇場でW杯初出場を阻まれた苦い記憶のある相手だ。

試合は前半5分三浦知良が先制のヘディングゴールを決めて前半を終了。後半に入るとイラクが攻勢に転じ55分に同点ゴールを決められるが、日本も69分に中山雅史が逆転ゴールを決めて勝ち越しに成功した。

そうした状況で迎えていたロスタイム、ほぼラストプレーとも言えるイラクのCKから、オムラム・サルマンにヘディングでゴールネットを揺らされた。

結果、日本は韓国と2勝2分け1敗で並んだが、得失点差で3位となり、2位以上に与えられるW杯切符を逃した。

サッカーの話題。 そうか20年か。 ドーハの悲劇を体験した人間としては感慨深い。 今はワールドカップ出るのは当たり前に近い感じですが、それまでの道のりは容易くなかったよ。

@weeklysd イラク戦というとドーハの悲劇を思い出しますが、今回も似たような状況かもしれません。危機感を持って臨んでほしいです。

勝てばW杯出場に王手が、かかる1戦

1 2





nomado-kimocさん

このまとめに参加する