1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは凄い!飲酒運転を完全に排除できるかも知れない装置が開発

飲酒運転の事故が後を絶ちませんが、そんな危険な行為を完全に排除できるかもしれないアルコール検知器が開発されました。

更新日: 2017年06月13日

32 お気に入り 121408 view
お気に入り追加

■後を絶たない飲酒運転による事故

14年まで年間1000件オーバーだった飲酒死亡事故は年々、減少傾向にはあるものの、ここ10年は下げ止まり&28年の飲酒死亡事故は213件と前年より増加(27年は201件)している

飲酒運転による死亡事故率は、それ以外の場合と比べて8倍以上高く、二日酔いの運転手が死亡事故を起こしたケースもあった

追突してきたクルマの定員は5人だが、事故当時は18歳の男女6人が乗車していた。いずれも酒を飲んでいたとみられる。

追突されたバイクの男性は重体です。

堺市西区築港浜寺町の府道で、工事現場付近で車両の誘導をしていた大阪府岸和田市の男性会社員(42)が軽乗用車にはねられ、重傷を負った。軽乗用車はそのまま逃走した

運転手は飲酒をしていたということです。

群馬県大泉町内にある東武鉄道小泉線の踏切で、警報機や遮断機が作動した後に踏切内へ進入してきた乗用車と、通過中の普通列車が衝突する事故が起きた

人為的被害はなかったということですが、一歩間違えれば…。。

市内在住の会社員の乗用車が、飲酒運転をしていた当時福岡市職員の男(当時22歳)の乗用車に追突され博多湾に転落し、会社員の車に同乗していた3児が死亡

2006年(平成18年)8月25日に福岡市東区の海の中道大橋で起きた痛ましすぎる事故です。

あの痛ましい交通事故から間もなく15年がたつ。幼い女児2人の命が奪われた1999年11月の東名高速飲酒運転事故。

減速していた家族の車に飲酒運転をしていたトラックが突っ込むという事故でした。

2000年4月9日1時55分ごろ、神奈川県座間市で検問から猛スピードで逃げていた乗用車が小池大橋で歩いていた大学生2人をはね即死させた。

■このような許すことができない「飲酒運転」を完全に排除できるかもしれない

日立製作所は12日、顔認証機能を搭載した新型のアルコール検知器を開発したと発表した。

アプリを起動し、アルコール検査と同時に顔画像を取得。その後、運転席にスマートフォンを設置して再度ドライバーを撮影することで、アルコール検査者とドライバーの画像とを照合して本人確認を行う。

また、呼気アルコール検査結果を検知器からスマートフォンに送信し、集計するアプリケーションも開発。ドライバーの安全管理者は、集計した検査時刻、アルコール検知の有無、端末IDなどのログデータをスマートフォンやPCに取り組んで確認できる

スマートフォンへ取り付けできるようにし、検知器と連携可能なアプリ開発により、顔認証機能を実現した

検知器は縦5センチ、横7センチ、厚さ1センチで、重さは20グラム。スマホとUSBケーブルでつなぎ、専用のアプリを起動して使う。

データをスマートフォンやPCに取り込んで確認でき、管理業務の効率向上や、遠隔地でのアルコール検査の管理が可能となる。

今後の展望について、欧米において自動車を飲酒時に運転できなくなるようなインターロック(条件つき電子錠)を設ける動きがある

本人確認できない場合にエンジンがかからないようにしたり、シートベルトを外すと検査がやり直しになったりする機能を追加したい

今年8月からは、自動車リース会社の日立キャピタルオートリース(東京・港)の3営業所の社員を対象に、新しい検知器の実証実験をする予定だ。信頼性や操作性の向上などにつなげる

■この装置に関する色々な声

“替え玉”飲酒運転を防げ――顔認識で本人確認、日立が新型検査器(ITmedia NEWS) もう全車両、免許と呼気読み取りパスしないとエンジン始動しない装置を義務付けたらいいと思うのよね headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-…

そもそも車にアルコール検査機器の設置を義務ずければいいんじゃねえの? “替え玉”飲酒運転を防げ――顔認識で本人確認、日立が新型検査器 nico.ms/nw2825836 #niconews

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします