1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「報道の自由」に懸念表明…デービッド・ケイ氏の報告が波紋を読んでいる

国連人権理事会で12日、日本の「表現の自由」に関する報告を行った特別報告者のデービッド・ケイ氏からは、予定原稿にはなかった発言が飛び出した。

更新日: 2017年06月13日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 113541 view
お気に入り追加

○デービッド・ケイ氏が日本の「報道の自由」に懸念表明

国連人権理事会で12日、日本の「表現の自由」に関する報告を行った特別報告者のデービッド・ケイ氏からは、予定原稿にはなかった発言が飛び出した。

国連特別報告者が対日調査報告書に関する説明を行い、日本メディアの活動が委縮しないよう特定秘密保護法の改正などを勧告しました。

日本政府は、報告書は正確な理解のないまま書かれているなどと反論している。

○日本の特定秘密保護法に改めて懸念を表明

国連の特別報告者、デイビッド・ケイ氏は12日、先月まとめた報告書で、日本で報道の自由が脅かされる恐れがあるとして法改正などを促したことなどを説明した。

ケイ氏は日本メディアの表現の自由問題に関し「メディアに対する政府の圧力行使が可能な状況が懸念される」とし「報道の独立確保のために放送法を改正しなければいけない」と提案した。

デビッド・ケイ氏が演説し、日本の特定秘密保護法により、メディアが萎縮する危険性があると改めて懸念を表明しました。

○慰安婦問題や沖縄での反基地運動に言及

さらにケイ氏は短い発言時間の中で、慰安婦問題や沖縄での反基地運動に言及することも忘れなかった。

沖縄にも触れ、「特に(基地問題の)大きな議論がある沖縄のような場所では、デモは最小限で釣り合いの取れた規制にとどめるべきだ」と、当局に慎重な対応を求めた。

○ケイ氏の報告書に日本側は反発

一方、日本側は駐ジュネーブの国際機関日本政府代表部が伊原純一大使が「特定秘密保護法」などこれに反論しました。

日本政府は「特定秘密保護法は報道目的の情報収集を対象にしておらず、多くの事実誤認がある」などと反論しました。

高市氏は「特別報告者の見解は個人の資格で述べるものであり、国連またはその機関である人権理事会としての見解ではない、と認識している。今後は、放送法の解釈を含め、日本の状況が正しく理解されるように外務省と連携して取り組んでいく」と語った。

○国連の特別報告者とは?

ケイ氏は2014年以降、特別報告者として、言論や表現の自由を担当しており、昨年4月には日本を訪問し、メディアの状況などの調査を行っています。

ケイ氏は2016年4月に来日し、政府と非政府組織(NGO)の双方から表現の自由について話を聞いた。

○このニュースはネットでも話題になっています

みんなが大好きな国連の方から来たデイビッドケイ氏も言ってる事だし早く記者クラブ解体して。

国連報告書なんてなんの意味もないし答える必要も無いって知らない人が多いからあーいうわかりづらい報道されてるんだろうなぁ

放送法改正を望むなら、電波使用料の価格競争に放り込まれることや現在の寡占状態岩盤規制は打破されないと、”国連の方から来ました”報告者のいう「メディアの独立」なんて確立できんだろうね。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。