1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

-AvA-さん

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、映像や音声を自動で記録することができる、自動車専用のレコーダーのことを指します。
価格は3,000円~30,000円と幅広く、カーナビなど記録以外の機能が付いているようなレコーダーもあります。

一般的に、ドライブレコーダーは車のフロントガラス(ルームミラーの裏)に取り付けられていることが多くなっていますが、この位置に取り付けることによって、普段自分が運転している時の視界と同じような映像を、自動的に記録することができるのです。

腕に自信があれば、自分自身でも取り付けられる。ただ、注意したいのは、取り付け場所だ。フロントガラス上部から全体の20%以内に取り付けることが、国土交通省の「道路運送車両の保安基準」によって定められている。

テレマティクス保険

「テレマティクス」とは、自動車などの移動体に通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供すること。“テレコミュニケーション(通信)”と“インフォマティクス(情報工学)”を合わせて名づけられています。

保険会社の中には、車にドライブレコーダーを設置した加入者に対して、保険料の割引サービスを実施しているところも見られます。
ただし、ドライブレコーダーの指定機種が定められているケースも多いので、事前に確認しておきましょう。

テレマティス保険で割引になる運転ポイントは?
・急ブレーキをしない
・急ハンドルをしない
・急にふかしたりせず、アクセルの使い方が繊細
・夜間やラッシュアワーの運転が少ない
・乗客数が少ない
・トータルの走行距離が短い

選び方

最近では解像度が2304×1296や2560×1080のドライブレコーダーも人気があります。最も多く出回っているのが解像度1920×1080のドライブレコーダーです。1920×1080あれば鮮明な映像を記録することができます。

補正機能 HDRとWDR

HDRとWDRはカメラの白潰れや黒潰れの補正機能として知られています

HDRは、光の取り込みレベルを変えた写真を複数枚同時に撮影して、これらの写真のうち見易い部分を合成して出力する技術として浸透しています。

WDRはどうかと言うと、同じく幅広いコントラスト比に対応する技術には変わりはありませんが、一般的には高性能レンズやCMOSセンサーにより、ハードウェアの力であらゆるシチュエーションで見易い映像を出力する技術と言えます。(ハードウェアの力なので、ソフトを動かさない分CPUへの負荷が少なく、画像が荒れにくい)

機種比較

◆PASAGO GoSafe 30G

◆ケンウッド DRV-610

1 2 3